• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

唯一オランウータンと心が通ったと思ったとき

国立科学博物館 オランウータン 久世濃子(6)

2017年2月11日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東南アジアのボルネオ島とスマトラ島に暮らす“森の人”、オランウータン。群れを作らず、木の上で暮らすため、同じく大型の類人猿であるゴリラやチンパンジーなどと比べると多くの謎に包まれている。そんな野生のオランウータンを研究すべく、自ら調査フィールドを拓き、10年以上にわたり野生での調査を続ける久世濃子さんの研究室に行ってみた!(文=川端裕人、写真=内海裕之)

 進化の歴史の中で、ぼくたちの隣人である大型類人猿オランウータンが、合わせ鏡のようにぼくたちに見せてくれるトピックとして、「少子化」やら「孤独な子育て」といったきわめて現代的な問題がある、と久世さんは言う。連載の1回目で触れたし、その後も通奏音のように背景に響いていた。

久世濃子さんも二人の幼いお子さんの母親だ。

 オランウータンは、「環境が良ければめいっぱい繁殖する」よりも、「少なく産んで確実に育てる」方式の先達(かもしれない)。また、今の日本の子育て世代で、母親が家にいる場合、ただ一人で子どもの面倒を見るような密室的な孤独な環境になってしまいがちなのは、「ヒトのオランウータン化」と言えるかもしれない。

「オランウータンって、まさに孤独な子育てをしてるんです。ほかの大人と誰とも会話することなく、ただただ子どもとだけ一緒にいるって、人間にとってはものすごくつらいですよね。でも、オランウータンは全然つらくなくて、それが日常だし、一生でもあるんです」

親より子ども

 孤独が日常で一生。フィールドで会いやすいのは、比較的行動範囲が狭いメスだけれど、メスにとっては、「孤独な子育て」を何年かごとのサイクルでまわしながら暮らしていくのが、まさに「一生」だ。ヒトだったら、本当に頭がおかしくなりそうな状況だが、オランウータンのお母さんたちはまったくつらそうではないという。オランウータン化しているヒトと、どんなところが違うのだろうか。

「自分も子どもを育ててみて思うのは、親が違うというより子どもが違うんですよね。オランウータンの子どもって騒がないし、要求しないし、かわいいだけで。あれだったら私もできると思いました。だから、お母さんの問題じゃないです。人間の赤ちゃんの性質とか行動とかが、お母さん一人だけで子育てするようにできていないんです。基本的に」

 思わず、大爆笑。

「ヒトのオランウータン化」といっても、少子化する傾向は共通するものの、孤独な子育てはヒトにはそもそも無理! という見解なのである。

ナショナルジオグラフィック2016年12月号でも特集「オランウータン 樹上の危うい未来」を掲載しています。Webでの紹介記事はこちら。フォトギャラリーはこちらです。

コメント1件コメント/レビュー

乳幼児連れでフィールドワーク! 母は強し。母親の視点からおもしろい研究結果が生れることを期待している。

あらゆる動物の中で人間の子どもが一番手がかかるのかもしれない。犬猫の子育てくらいしか見たこてゃないが、ちゃんと世話をしてはいるものの、どこか「自分の力で生きるのよ」みたいな感じがする。人間の母親には、特に最初の子にはそんな余裕はまずない(自分の経験より)。それなのに、昔のように大家族や親せきが育児を手伝う環境にない。これでは母親は辛い。

オランウータンには育児ノイローゼはないのだろうなと思いつつ。(2017/02/13 07:27)

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「唯一オランウータンと心が通ったと思ったとき」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

乳幼児連れでフィールドワーク! 母は強し。母親の視点からおもしろい研究結果が生れることを期待している。

あらゆる動物の中で人間の子どもが一番手がかかるのかもしれない。犬猫の子育てくらいしか見たこてゃないが、ちゃんと世話をしてはいるものの、どこか「自分の力で生きるのよ」みたいな感じがする。人間の母親には、特に最初の子にはそんな余裕はまずない(自分の経験より)。それなのに、昔のように大家族や親せきが育児を手伝う環境にない。これでは母親は辛い。

オランウータンには育児ノイローゼはないのだろうなと思いつつ。(2017/02/13 07:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授