• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

エコロジーフロント エネルギー自給100%目指すトランプの狙い

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

以前から日本もエネルギー自給100%を目指すべきだと思っている。かといって経済性に問題のあるメタンハイデレードを強引に開発する事には賛成出来ない。世界に冠たる地熱資源を生かして、先ずは電力の100%自給を!蒸気溜まりが不十分なら高温岩体などの技術も動員すれば、実現可能なはずだ。次はEVを大幅に普及させ、ガソリン需要を少なくする。家庭での熱源もオール電化にすれば、火災も減るし天然ガスの輸入も減らせえる。エネルギーの対外依存が90%を超えている日本はエネルギー安全保障の観点から極めてリスクの高い国である。だからと言って石油天然ガスの輸送ルートに軍艦を派遣したりする事にも感心できない。海賊対策であれば、国連軍として派遣すべきであって日本の「軍隊」が理由を付けて国境外に出ていく事のリスクを思わざるを得ない。腕力でエネルギー確保を担保する方法を選ばなくても、上に述べた様にエネルギーの安全供給は保障される。(2017/01/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長