• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アサヒが飲めるゴルフ場は芝が良い?

グリーンキーパーに人気、ビール酵母から作る製品とは

  • 相馬 隆宏

バックナンバー

2017年6月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、国内のゴルフ場でアサヒグループホールディングスが手掛けるある製品が人気を集めている。渇いた喉を潤すビールを想像されるかもしれないが、ここで取り上げるのは別の製品。ビールの副産物から作る肥料だ。ゴルフ場の芝に散布すると、根のしっかりした芝が育つという。

 岐阜セントフィールドカントリー倶楽部(岐阜県関市)でグリーンキーパーを務める佐藤正三さんは、「グリーンのコンパクション(硬さ)が増し、ボールが転がった跡がつきにくい。ボールを曲げたり止めたりと、プレーヤーが思うように扱いやすく、技術力を発揮できる」と話す。
 このゴルフ場では昨年から、ビールの副産物から作った肥料を全18ホールと練習場で採用しているという。

アサヒグループホールディングスは、ビールの副産物であるビール酵母の有効活用を進める
肥料をゴルフ場に散布している様子

 アサヒグループホールディングスは今年3月、ビール酵母を原料にした肥料の製造・販売などを手掛ける新会社アサヒバイオサイクルを設立した。

 ビールの主原料であるビール酵母は、醸造後、風味の劣化を防ぐために取り除かれる。このビール酵母は醸造過程で麦汁の栄養分をたっぷり吸っており良質な成分を含んでいることから、アサヒはこれまでも胃腸・栄養補給薬「エビオス錠」や、ラーメンやレトルト食品などの調味料として販売してきた。だが、それでも使い切れないぐらい大量のビール酵母が醸造後に発生する。

 今回、調味料などにこれまで使われていなかったビール酵母の殻に当たる「ビール酵母細胞壁」を原料にした肥料を開発した。ビール酵母細胞壁は、既に家畜の飼料として有効利用してきたが、より付加価値の高い用途を模索していた。

 アサヒバイオサイクルの御影佳孝社長は、「国内に約2100カ所あるゴルフ場のうち、既に数百カ所に肥料を販売している。2019年には5億円の事業に育てたい」と意気込む。

「エコロジーフロント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長