• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「電力捨てない」、家や車を発電所に

発電所の新設なしで火力発電所43基分の電力を生み出す

2016年10月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内でバーチャルパワープラント(VPP)の実証事業が始まった。経済産業省の補助事業で7つのプロジェクトが採択され、事業化に向けて動き出した。

 VPPは、需要家側に分散設置された蓄電池や電気設備を統合制御し、電力を供給したり需要をまとめたりして、あたかも1つの発電所(仮想発電所)のように機能させるというもの。経産省の長期エネルギー需給見通しでは、2030年に需要家側で大規模火力43基分の発電能力と、13基分の調整能力を持つと試算している。こうした需要家側のリソースを有効活用するわけだ。

 VPPに似た技術に、デマンドレスポンス(DR)がある。DRは、需要家側が電力の使用を抑制することに主眼を置く。これに対してVPPは、需要抑制に加え、家庭や事業所、クルマなどが搭載する蓄電池を統合制御し、実際の電力を出し入れする機能を備えているところが特徴である。

分散した電気設備を統合制御し、1つの発電所(仮想発電所)のように機能させる

「CO2フリー電源」として期待

 国は、VPPを「火力代替のCO2フリー電源」として期待する。電力ひっ迫時の調整は一般的に火力発電が使われる。ただし、火力発電の運転は、CO2排出が問題となる。調整電力として貯めておいた電力を使えるならば、わざわざ火力発電を稼働させる必要はなくなる。電源確保とCO2排出削減を両立できるわけだ。

 太陽光や風力など、出力が不安定な再生可能エネルギーを有効活用できるというメリットもある。現在、太陽光発電の急激な普及により、系統への出力を抑える「出力抑制」が問題となっている。出力抑制が発動された場合、せっかく発電した電力を捨てることになる。VPPによって捨てるはずだった電力を貯めることができれば、電力の有効利用だけでなく、再エネの普及にもつながる。

 大手電力会社もVPPに注目する。その背景には、2020年4月に予定されている発送電分離がある。発送電が分離されると大手電力会社の発電部門は、今まで以上にコストに見合った電源運用が求められる。長期的な人口減少が見込まれる中、新たな電源の確保は現実的ではない。VPPは、火力発電の運用・維持コストの低減につながる。

コメント4件コメント/レビュー

蓄電池には充放電回数寿命があり蓄電池価格をこの寿命回数で割ると1回の充放電に要する価格が算出されるが、安い蓄電池でも充放電回数寿命が短いと結局高価な電気となる。現状、価格は電気代よりも非常に高くこの方式では電気代が二倍以上に跳ね上がる事になる。この問題に全く触れていないこの記事の問題点である。(2016/11/09 13:36)

「エコロジーフロント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

蓄電池には充放電回数寿命があり蓄電池価格をこの寿命回数で割ると1回の充放電に要する価格が算出されるが、安い蓄電池でも充放電回数寿命が短いと結局高価な電気となる。現状、価格は電気代よりも非常に高くこの方式では電気代が二倍以上に跳ね上がる事になる。この問題に全く触れていないこの記事の問題点である。(2016/11/09 13:36)

VPPは考え方としては正しいが、現在出回っている蓄電池の価格の高さを考えると大量導入には素直には賛成できない。我が家には初代プリウスがあり、13年を過ぎた頃にニッケル水素蓄電池がダメになり、中古品に買い換えた。20万円である。新品では40万円程度らしい。因みにプリウスはEVではなくHVでしかない。火力発電所一基分の蓄電応力がどの程度のものか分からないが、よほど安価な蓄電池でなければ実用的とは言えない。更には耐久性も問題だ。原発は40年と言われている。蓄電池は何年使えるのか、それに基づいて十分利益を生み出せるのか考えなければならない。蓄電池を持ち運ぶ必要はないのだから、コンパクトである必要はない。大容量を安価に蓄電出来、耐久性も申し分ない蓄電池が出現すれば全国の発電所を効率よく利用することは可能になる。その代わり、オール電化で深夜の安い電力を想定して設計された家はどうなってしまうのか。昼も夜も同じ値段になったらオール電化は高くついてしまうのではないか?我が家はオール電化で太陽光発電と合わせて利用しているので、この種の記事には無関心ではいられない。(2016/10/31 09:14)

この手の記事を見ていつも感じる事だが、リチウムイオン電池の充電効率が70%程度しかないことをちゃんと書いた記事はほとんど見た事がない。
意図的に隠しているのであろうか?
電池に貯めるのは、その時点で30%を捨てる事を意味する。
もちろん、無駄に捨てるよりは良いはずだが、電池に貯めれば全て良しとするような記事はプロパガンダを感じ、いまいち信用できない。
もっと、数字を使って、有効性を読者に提示すべきではないだろうか。(2016/10/28 12:08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員