• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金正恩の軍師、金英哲がついに登場した

拉致問題も統括するキーマン

  • 重村 智計

バックナンバー

2016年2月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 なぜ北朝鮮は、核開発とミサイル実験を続けるのか。

 北朝鮮の指導層と軍幹部は、韓国を統一するためと説明している。軍部は、米国と韓国が攻めてくると、半ば本気で考えている。通常兵器での戦争能力はすでに失われており、米韓軍の攻撃を阻止するには核兵器が必要、との戦略だ。

北朝鮮の統一戦線部長に新たに就任したで金英哲氏(写真:AP/アフロ)

 ミサイルがなければ核兵器は運搬できないから、核を搭載できるミサイル技術を向上させる実験を繰り返している。だが、まだ完成していないようだ。高熱の弾頭を安全に着弾・爆発させないと、核兵器としての意味がない。この技術はまだ完成していないと、米韓の専門家は判断する。

 北朝鮮は、2月7日にミサイル発射実験を行った。これについて多くの分析がある。北朝鮮の動向を分析・判断するうえで重要なのは、奇をてらった発言ではない。大切なのは、日本の行く末を誤らせない正確な判断と、真実を語る勇気である。

 北朝鮮の核・ミサイル実験については、(1)5月の党大会前の業績作り、(2)米国との交渉カード作り、(3)中国への反発――などの理由が挙げられている。短期的な分析としては間違いではない。そうした事情も事実だ。

 だが、国際政治の分析はこちら側の事情や価値観で判断すると間違える。相手の立場に立って、長期的な視野で考える必要がある。平壌で何が起きているのかの情報と、金正恩第一書記周辺の事情を把握しないと判断を間違う。

コメント4

「混迷する朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

このままじゃ、高級魚のクロマグロばかりでなく、より身近なマグロのメバチやキハダもいなくなる。

高松 幸彦 マグロ一本釣り漁師