• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

朴大統領の軍事パレード参加は「正統性」を認めてもらうため

潘基文事務総長は大統領選への出馬をにらむ

  • 重村 智計

バックナンバー

2015年9月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国政府が9月3日に予定する北京での軍事パレードに、朴槿恵韓国大統領に加え、潘基文(パン・ギムン)国連事務総長までが出席することを決断した。その背後には、北朝鮮政権の崩壊を視野に置く韓国・中国と、崩壊しないよう必死に抵抗する北朝鮮の激しい駆け引きがある。その一方で、潘基文国連事務総長の韓国大統領選への出馬も浮上した。

 中国は今年、9月3日を「抗日戦争勝利記念日」に制定した。日米両国は、朴槿恵大統領の式典参加は「韓国が中国傾斜を強める」ことにつながると懸念した。だが、同大統領が式典に参加する真の狙いは、北朝鮮の体制を崩壊させることと朝鮮半島の統一にある。

中国から正統性のお墨付きを得る

 韓国と北朝鮮は独立後「どちらの国家が正統か」を巡る対立と競争を続けてきた。「北朝鮮に正統性がある」――と北朝鮮はもちろん、韓国の左翼系学者や活動家たちも主張してきた。

 北朝鮮建国の父である金日成主席は、「我々は日本と戦争して勝利したが、南朝鮮の指導者は誰一人戦闘さえしていない。だから、正統性は北朝鮮にある」との理屈を展開した。この主張に、韓国人はなかなか反論できなかった。80~90年代には、多くの韓国の若者がこの論理に心酔した。

 「正統性」は儒教に基づく伝統的な価値観で、政治行動や政治判断をする際に最大の基準になる。朴槿恵大統領の父である朴正煕大統領(当時)はクーデターで政権を奪取したため、「正統性がない」と常に批判された。政権や政治家が「正統性がない」と批判されると、崩壊や政治的抹殺につながる。

 今回の中国の記念式典は韓国にとって、同国の「正統性」を回復し、北朝鮮のそれを失わせる最大のチャンスである。韓国大統領が軍事パレードに出席すれば、「韓国は中国と共に抗日戦争を戦った国家」として「正統性」を与えられることになる。中国による「正統性認定」は韓国にとって非常に重要だ。

 逆に北朝鮮は、金正恩政権の基盤が大きく損なわれる。

 一方、金正恩第1書記は、式典への参加を見送る。これによって、韓国の「正統性」を認めることになる。国家存立の基盤である「朝鮮半島における唯一正統な国家」であることの根拠も失う。

 この結果、金政権が崩壊に向かう恐れが出てくる。これは、北朝鮮にとって死活問題だ。このため、崔龍海書記を参加させる。国家元首の扱いを受ける金永南・最高人民会議常任委員長の出席は見送った。

北朝鮮軍の間で高まる不安

 北朝鮮の国内や軍人の間で、「中国に見捨てられた」「故金日成主席のメンツを汚された」との思いが高まっている。旧ソ連が改革に踏み出した際には、「ソ連に見捨てられた」との感情から、92年のクーデター計画に多くの将軍が参加した。同じような事態が再び起きるかもしれない。

コメント0

「混迷する朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員