• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

核兵器を片手に北朝鮮主導の朝鮮半島統一へ

北朝鮮、党創建70年記念パレードから見えたもの

  • 武貞 秀士

バックナンバー

2015年10月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

劉雲山・中国共産党政治局常務委員(左)と共に軍事パレードを観閲する金正恩第1書記(写真=AP/アフロ)

 10月10日、北朝鮮が、朝鮮労働党創建70年を祝う軍事パレードを実施した。ここから何が読み取れるか。

演説で中国に言及はしなかったが…

 この日、午後になってようやく始まった軍の閲兵式は異例づくめだった。まず、女性兵士の踊りで幕が開いた。行進する女性兵士の数は前回のパレードより増えた。金正恩第一書記がただ一人の来賓、劉雲山・中国共産党政治局常務委員にリラックスして説明する姿が印象的だった。自分がプロデュースした軍事パレードだと説明していたのだろう。金正恩第一書記の演説には3つの注目点がある。

 第一に、米国の存在を意識していた。「自分たちの軍の力は米国が望むどんな形の戦争にも対応し、祖国の青空と人民を守れる」というくだりは、米国との核戦争に勝つと宣言をしたものであり、核弾頭を搭載できる大陸間弾道弾を保有するに至ったことを示唆している。北朝鮮は最近、米国との核戦争になれば米国も被害を受けるという発言を繰り返していた。

 第二に、演説では中国についての言及が全くなかった。朝鮮労働党は中国共産党との長い友好の歴史があり、党と党の緊密な関係を考えると異例だった。ただし、朝鮮労働党70周年に中国共産党との友好関係を語ることがなかったのは、冷却した中朝関係を意味しているのではない。

 冷却していたら中国は、大量破壊兵器を行進させることが明白である平壌での軍事パレードに、政治局常務委員を派遣することはなかった。金正恩第一書記が観閲の壇上で、劉雲山常務委員の手をとって挨拶することもなかったはずだ。むしろ、強力な軍隊を保有するようになったのは朝鮮労働党の単独の業績であると強調するために中朝協力の歴史には言及しなかったのだろう。

 70周年行事に習近平国家主席が出席しなかったのは当然だ。金正恩第一書記がまだ北京を公式訪問していないからだ。

 第三に、演説は党と人民の関係について多くを割いていた。「我が党が信じることができるのは、偉大な人民だけだった」と述べ、人民重視の姿勢を強調したのは、金正恩第一書記が人民の生活向上を重視し、食糧の増産、電力事情の改善、干ばつと洪水への対策を重視しているからである。

軍事パレードで米東海岸を攻撃する能力があること誇示

 行進した武器に関して、注目すべき点は、やはり三つある。

 T-34という古い戦車を行進させた。ヘリコプターの飛行はなく、ミグ29の姿もなかった。だが、新型の300ミリ多連装ロケットが行進した。2013年5月、日本海に向けて6発を発射したことがあるものだ。この多連装ロケットは一度に複数の弾頭を発射するので、防御することは難しい。200キロ先の目標を破壊できるので、38度線から200キロ以内の距離にある大田(テジョン)まで届く。ここには韓国の陸海空軍の本部がある。韓国が最大の脅威と見ている武器である

 最大のハイライトは大陸間弾道弾のKN08だった。2012年4月15日のパレードのときとは違い先端が丸くなっていた。北朝鮮のテレビのナレーションが「多種化、小型化した核弾頭を搭載した戦略ロケットが敵の牙城を火の海にする報復の意志を持っています」と説明していた。1万2000キロを飛翔する、ワシントン、ニューヨークを射程に入れたこのロケットが、すでに弾頭の小型化を終了したと誇示したかったのだろう。「米国とのいかなる戦争にも勝つ」という金正恩第一書記の演説に関連する武器であった。

コメント0

「混迷する朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長