• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

再び医療費急増も、厚労省は危機感なし?

約42兆円、3.8%増加の「緊急事態」

2016年9月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2015年度の医療費、またしても過去最高を更新

 2015年度の医療費(概算)がまたしても過去最高を更新した。厚生労働省が9月13日に発表した概算医療費の年度集計によると、2015年度は前の年度に比べて約1.5兆円増えて41.5兆円となった。労災や全額自己負担で支払われた医療費は含まれておらず、これらを含んだ総額である「国民医療費」(来年10月頃発表)は42兆円を超える見通しだ。概算医療費が過去最高を更新したのは13年連続である。

 2015年度の特徴は医療費の伸び率が3.8%と2014年度の1.8%から大きく高まったこと。医療費の伸びに歯止めがかかるどころか、逆に伸びが大きくなった。伸び率の推移を見ると2011年度3.1%→2012年度1.7%→2013年度2.2%→2014年度1.8%と推移してきており、2015年度の3.8%増は過去3年の趨勢に比べて明らかに増加ピッチが高まった。

 伸び率が高くなった最大の要因は75歳以上の高齢者の医療費が4.6%という高い伸びになったため。前年度は2.3%の伸びだったが、4年ぶりに4%台に乗せた。

2015年度の医療費(概算)がまたしても過去最高を更新した。このままでは、医療保険の制度自体が崩壊してしまう。

高齢者の人数も増加、1人あたりの医療費も増加

 もちろん高齢者の割合が増えていることも背景にはあるが、高齢者1人あたりの医療費が伸び続けていることも大きい。75歳以上の1人当たり医療費は94万8000円と前年度に比べて1万7000円、率にして1.8%増えた。75歳未満の1人当たり医療費は22万円だから高齢者は4.3倍の医療費を使っており、しかも毎年その額が増えていることになる。高齢者医療費の増加をどう抑制していくかは、医療費全体の伸びを抑えるうえで、極めて重要になっているわけだ。

 もうひとつ医療費の増加抑制を考えるうえで大きなポイントがある。医薬品の調剤費である。実は、2015年の医療費の中でも伸び率が際立って大きかったのが調剤費で、9.4%も増えた。厚労省によると、高額の薬剤を使用するケースが増えたことが調剤費の大幅な増加につながったという。

 調剤費は2011年度に7.9%増えた後、2012年度1.3%増→2013年度5.9%増→2014年度2.3%増→2015年度9.4%増と隔年ごとに大きく増えている。高齢者の医療費と調剤費の伸びをどう抑えるかが増え続ける医療費の伸びを止めるためには必須ということになる。

コメント13件コメント/レビュー

こちらのコメント、本当に玉石混合ですね。
日本の国民皆保険制度が、『高齢者が孫の金で病院に行き、孫の年金や生活費を食いつぶす制度』であるとわからない、頭の悪い人が、自分が病気になったら後悔するぞとか言うのでしょうね。
このままでは、子供たちの将来が真っ暗闇だとわかる頭の良い人なら、子供がいれば、反対するのは当然です。
自然界をごらんなさい。
自分の命を犠牲に出産する生き物は枚挙にいとまがありません。
自分の命より子供の命を優先する『心』は、聖人君子とかいうレベルではなく、神が定めた、あたりまえの健やかな本能です。
自然界を見れば、子供のために命を捨てられる親がいくらでも存在するのは明らかなのに、病気になったことがないからだとか、頭の悪い人は、カン違いをしている。
人間は地球のガン細胞とはよくいったもの。
壊れた細胞、増えれば宿主を死に至らしめる細胞、だけれど増え続けるのがガン細胞です。
本能を失い、間違った考えに固執する愚かな人間が、今、増え続けていますよね。(2016/10/26 03:26)

オススメ情報

「磯山友幸の「政策ウラ読み」」のバックナンバー

一覧

「再び医療費急増も、厚労省は危機感なし?」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こちらのコメント、本当に玉石混合ですね。
日本の国民皆保険制度が、『高齢者が孫の金で病院に行き、孫の年金や生活費を食いつぶす制度』であるとわからない、頭の悪い人が、自分が病気になったら後悔するぞとか言うのでしょうね。
このままでは、子供たちの将来が真っ暗闇だとわかる頭の良い人なら、子供がいれば、反対するのは当然です。
自然界をごらんなさい。
自分の命を犠牲に出産する生き物は枚挙にいとまがありません。
自分の命より子供の命を優先する『心』は、聖人君子とかいうレベルではなく、神が定めた、あたりまえの健やかな本能です。
自然界を見れば、子供のために命を捨てられる親がいくらでも存在するのは明らかなのに、病気になったことがないからだとか、頭の悪い人は、カン違いをしている。
人間は地球のガン細胞とはよくいったもの。
壊れた細胞、増えれば宿主を死に至らしめる細胞、だけれど増え続けるのがガン細胞です。
本能を失い、間違った考えに固執する愚かな人間が、今、増え続けていますよね。(2016/10/26 03:26)

これまでのコメントを読み、様々な考え方があるものと(^_-)-☆
さて、私の考え、ブログで何度か述べているが「再び平均値バカ」はこの辺で、マイ№も発足したことですし個人別医療費分布で異常値を徹底的に追跡、その上で対策を考えてはいかが。(2016/10/21 10:07)

医療処置・器具による治る見込のない延命処置医療には、一定のガイドラインが必要とされる時代が来た様に思う。
結果的に財政が破綻した夕張市の医療実態からは、寝たきり老人が減少し、医療費の割合が削減された実例もある。
老人割合の増加を言い訳にするのではなく、寝たきり老人の割合を減少させる政策・概念を育む必要に迫られていると考える。
デンマークでも高齢者割合が高い様だが、寝たきり老人施設はほぼ無いと言われている。
慰労などの延命医療は、虐待との概念で、寿命とされる老衰などによる旅立ちを取り上げることは、人としての尊厳を侵害する行為と受け止める民度がある様だ。
日本も寿命をもてあそび、個としての自由度を損なう様な延命医療には、一定のガイドラインを設けて貰いたい。(2016/10/01 09:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長