• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MRJ、本当に北米で「売れない」のか

販売不振よりも急を要す三菱重工の体質改善

2016年9月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国産初のジェット旅客機、三菱航空機の「MRJ」がなかなか日本を旅立てないでいる。

 当初は、機体を製造する県営名古屋(小牧)空港から、気象条件などが飛行試験に適した米国の開発拠点、ワシントン州モーゼスレイクへ機体を持ち込む「フェリーフライト」を、8月中にも実現させる計画だった。しかし、飛行試験機は9月を迎えた今でも、小牧にある。

 フェリーフライトのルートは小牧を出発後、給油のため新千歳空港に立ち寄る。その後はロシアのカムチャツカ半島と米国のアラスカを経て、モーゼスレイクのグラントカウンティ国際空港へ向かう北回りのルートだ。

8月27日昼、新千歳空港に向けて飛び立ったMRJ。出発から約1時間後、小牧空港へ引き返してきた(撮影:吉川 忠行、ほかも同じ)

 三菱航空機は8月22日以降、機材点検などによって2度の延期を経て、8月27日昼に新千歳へ向けて出発。ところが新千歳へ向かう途中、空調システムを監視する機器の一部が故障したため、出発から約1時間後に小牧へ引き返した。

 到着後に問題が起きた機器を交換。地上試験の結果も問題がなかったことから、翌28日昼に再度出発して新千歳へ向かったが、再び前日と同じようなトラブルが起きたことから秋田上空で引き返し、改めて原因を究明することになった。

翌8月28日も、小牧空港に引き返してきたMRJ

 同社は昨年9月、フェリーフライトの時期を今秋と定め、可能であれば夏に前倒し出来るよう開発を進めてきた。モーゼスレイクは飛行試験に適した天候であることや、離陸後すぐに飛行試験を始められることから、国土交通省の型式証明を取得するための試験を効率良く実施できる。

 三菱航空機の森本浩通社長は「秋からだんだん気象条件が厳しくなる」と、開発中の機体を米国へ持ち込む上で、降雪などのリスクを極力避けたい考えを示している。実際、冬になれば出発地の小牧の天候が良くても、新千歳は大雪ということもあり得る。この場合、滑走路がすべりやすい状態で設計した通りに停止できるかなど、本来であれば飛行試験時に実施することを、フェリーフライトで行わなければならなくなってしまう。

 三菱航空機は飛行試験に使用する機体を5機製造しており、このうち初号機から4号機をモーゼスレイクへ持ち込む。実績を積む上で、最初の機体だけでも天候が安定している時期に持ち込みたいところだ。

 一方、このところMRJのセールスについて、難題に直面しているという話をよく耳にする。設計重量の超過やパイロット組合との取り決めなどで、北米市場での販売が難しいというものだ。確かに開発の進捗は決して芳しくないが、これらの話は問題点が正確に理解されていないことに起因しているのではないだろうか。

 こうした問題よりも、MRJはプロジェクトを進めていく上で、改善していかなければならない課題が別にある。MRJが抱える真の問題とは何か。

コメント4

「吉川忠行の天空万華鏡」のバックナンバー

一覧

「MRJ、本当に北米で「売れない」のか」の著者

吉川 忠行

吉川 忠行(よしかわ・ただゆき)

Aviation Wire編集長

ライブドアで同業初の独自取材部門「ニュースセンター」立ち上げに参画。ライブドア事件も内側から報じる。退職後はAFP通信社等で取材を続け、2012年2月Aviation Wire創刊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長