• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ザッカーバーグの寄付は偽善なのか

2015年12月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(Newscom/アフロ)

 世界最多のユーザー数を誇るSNS、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)が12月1日、世界に向けて2つの報告をした。

 1つは長女マキシマちゃんが誕生したこと。2つめは、現在の価値が450億ドル(約5兆5000億円)といわれるフェイスブック保有株の99%を今後(期間を言及せず)、慈善事業に寄付すると発表したことだ。資産の99%は巨額である。ビリオネアといえども、その寛大さに全世界から賛辞が寄せられた。

 ニューヨーク・タイムズ紙がツイッターに載せた“つぶやき”をいくつかご紹介したい。

「億万長者はたくさんいるが、彼と同じことをできる人はいない」

「しばらくフェイスブックはやめていたけど再開します」

「愛娘の誕生が人生観を変えたのですね。素晴らしい」

 ただし否定的な声もある。多額の寄付行為を手放しでほめ称える人ばかりではない。

「キャピタルゲイン課税(有価証券の譲渡所得にかかる税金)から逃げる手立てを見つけたってことだよね。慈善事業? 笑わせるぜ」

「寄付する先が自分の財団というのがいただけない」

「そのカネがイスラム国の資金にならないことを祈るだけだ」

これまでに多額の寄付の実績

 否定的なつぶやきの裏には羨望や嫉妬があるようにも思えるが、税金対策の意味合いがあることは間違いないだろう。ただ同時に、今回の慈善活動が表面的な偽善行為にすぎないのかと言えば、そうと断言することもできない。

 税金対策と慈善行為のどちらかという議論ではなく、熟考して出した、両面を兼ね備えた決断と受け取れる。というのも、発表のタイミングを娘の誕生に合わせているからだ。

 妻で医師のプリシラ・チャン氏が娘に宛てた公開書簡からは、母親ならではの思いが読み取れる。一部を抜粋してご紹介したい。

 「親であれば誰もが、子どもには今よりも素晴らしい世界で育ってほしいと願います。そうした世界を作るためにできる限りのことをしたいです。親として、そして次の世代への責任として」

 この文章のあとに、夫婦が所有するフェイスブック株の99%を寄付するという下りが続く。子どもに対する両親の思いに嘘はないだろう。1%を手元に残したとしても日本円で約550億円である。一生困らない金額だ。

 さらに、少し調べるとザッカーバーグ氏は過去5年ほどの間に多額の寄付をしていたことが分かった。

「アメリカのイマを読む」のバックナンバー

一覧

「ザッカーバーグの寄付は偽善なのか」の著者

堀田 佳男

堀田 佳男(ほった・よしお)

ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業後、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社勤務後、90年にジャーナリストとして独立。政治、経済、社会問題で取材活動をつづけ、滞米25年後に帰国。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授