• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カレーとダシって、なんでこんなにおいしいの!?

第37食目 四谷「M吉」【後編】

2015年9月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

 こちらが「豚カレーつけそば」520円。

 そしてY氏のご注文、「冷やし小海老天つけそば」500円。

 こちら、もりそばに温かなつゆ、小えびの天ぷらがついてくるのですが、以前は小えび天をつゆにつけて供していた。再オープン後は、揚げたてを別盛りにして出すようになったお品です。

 心を落ち着けて、己の豚カレーつけそばに向き合う。ふわっと、スパイシーなカレーの香が鼻をくすぐるが、注文の度にカレー粉に短時間で火を通して作られるためか、匂いは存外穏やか。カレーの専門店のように辺り一帯に匂いを充満させることはない。

 それにしても食欲をそそる香味よ、ああ早くそばを浸けてひと一思いに啜り上げたい!……カレーつけつゆへのはやる気持ちをぐっと堪えつつ、まずはそばを見る。持ち上げてみれば、白さの際立つやや細めの、角のきれいに立つそばであります。

 そして、若干の透明感も感じられる。これは粉の配合にでんぷん質の多い中心部分の一番粉が少し含まれていることと、ゆでの作業が十分にされているからでしょう。そして角もきちんと立っている。甘皮などもちらほらと見受けられるこのそばを、まずはそのまま啜る。

 ずずずっ。

 んー、旨い! そばの香りは淡く、気品が感じられ、喉越しも上々。コシもあって食感も完璧な、ゆでの作業に手を抜かない真面目なそばであります。ときに、角が立ってはいるものの、ゆでの甘いそばに出会うことがあり、特に夏場は生地がだれやすいせいなのか、ゆでが不十分で少々粉っぽさが残るそばを食することが少なくないのですが、ここのそばはきちんとゆでて、洗いもしっかりされている。

コメント3件コメント/レビュー

祝延長戦!
中の人(w からの話も加わると
通常連載記事の味がより深まって大変おいしゅうございます。
待ってまーす。(2015/09/02 00:33)

「ワンコイン・ブルース」のバックナンバー

一覧

「カレーとダシって、なんでこんなにおいしいの!?」の著者

イトウエルマ

イトウエルマ(いとう・えるま)

イラストライター

北海道室蘭市生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒。文具メーカーで企画・デザインに携わり、その後フリーに。イラストルポなどを中心にお仕事しております。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

祝延長戦!
中の人(w からの話も加わると
通常連載記事の味がより深まって大変おいしゅうございます。
待ってまーす。(2015/09/02 00:33)

四週間に一回でも六週間に一回でもいいですから「連載」ということになりませんでしょうか? 出汁のしっかりしたカレーつゆ、試してみたいです。(2015/09/01 13:46)

またしばらくお休みの予定が、もう少し愉しめそうで幸せです。某大手チェーンの記事も期待していますが、カレー南蛮の立ちそばの名店も気になります。(2015/09/01 10:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長