• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農家を2倍豊かにする「おむすび」の秘密

自分を肯定できるか、ぶれずにやれるか

2016年3月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本人のコメ消費が年々減っていくなか、稲作農家はどうやって未来を展望したらいいのか。その答えのヒントをさぐるには、農家の努力だけでなく、コメを使う川下の業者も注目する必要がある。今回紹介するのは、都内を中心に店舗を増やしている「おむすび権米衛」だ。同社の挑戦から、稲作が活力を取りもどす道筋が浮かびあがる。

来店が集中する昼食時を待つ「おむすび権米衛」の店舗(東京都千代田区)

 「おむすび権米衛」の運営会社のイワイ(東京都品川区)は、大手商社に勤めていた岩井健次氏が1991年に設立した。きっかけは商社時代にサウジアラビアで働いた経験にある。同国の食料自給率が極めて低いことを知ったとき、ふと遠い母国、日本の自給率の低さに思いがおよんだ。

農家の手取りが多く、値ごろ感のあるおむすびを

 このとき岩井氏が感じたのは、日本の農業と食料への危機感だったという。「農業を応援しないといけない」。そう決意した岩井氏は、会社を立ち上げたあと、まず外資系の外食チェーンで働いてみた。飲食店経営のノウハウがまったくなかったからだ。

 働いた先が扱っていた食材はパンだったが、岩井氏の頭のなかにあったのは日本人の主食、コメのことだった。「コメを売る拠点をつくり、農家にどんどんコメをつくってもらおう」。そこで休みを使って稲作農家を訪ねるなど準備を進め、1999年に創業したのが「おむすび権米衛」だ。

 先回りして言えば、同社が農家に払うコメの代金は60キロ当たりで2万4000円。これだけだと水準が分かりにくいかもしれないので農林水産省の統計を挙げると、2015年産米の値段は今年1月の平均で約1万3000円。これは農協と卸との取引価格だから、農家に回る分はもっと少ない。「おむすび権米衛」の契約農家の手取りが一般と比べていかに多いかが分かる。

 一方、同社のおむすびの値段は平均で約155円。報道は中立をむねとすべきことをわきまえたうえで、あえて指摘するが、味とボリュームをコンビニのおにぎりと比べ、どちらに値ごろ感があるかと言えば、少なくとも筆者は「おむすび権米衛」に軍配をあげる。業務用のコメは仕入れに際し、ふつうは安さを追求するから、農家にとってどちらが望ましいかは言うまでもない。

コメント0

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「農家を2倍豊かにする「おむすび」の秘密」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長