• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

年収7000万円サラリーマンが農業に転じたわけ

もう「もうからない」とは言わせない

2017年4月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント8件コメント/レビュー

「志はすごいがバカだと思う」と言うコメント氏。なぜそう思うのだろう?
好きなことをやって、成果が上がって、自分も面白くて、社会のためにも
なっている。そんな人生を選ぶことができた人を「バカだ」なんて。その感性
というか理屈がどうしてもわからない。とはいえコメント氏なりに、もっともな
理屈があるのだろう。と頭をひねって、ようやく無理矢理ひとつ思いついた。

「彼が成功したのは結果論で、失敗したかもしれないのだから確実な7000万円を
手放さないのが利口」

っていう理屈なのかな。

でもきっと、それまでのキャリアで蓄積した知見と能力で、この分野でもできる
という彼なりの勝算があって、彼は人生をシフトしたのだと思います。少なくとも
こういう人は沈みつつある泥船にしがみついて道を誤るようなことはしないこと
でしょう。他山の石としたいです。(2017/04/22 23:09)

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「年収7000万円サラリーマンが農業に転じたわけ」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「志はすごいがバカだと思う」と言うコメント氏。なぜそう思うのだろう?
好きなことをやって、成果が上がって、自分も面白くて、社会のためにも
なっている。そんな人生を選ぶことができた人を「バカだ」なんて。その感性
というか理屈がどうしてもわからない。とはいえコメント氏なりに、もっともな
理屈があるのだろう。と頭をひねって、ようやく無理矢理ひとつ思いついた。

「彼が成功したのは結果論で、失敗したかもしれないのだから確実な7000万円を
手放さないのが利口」

っていう理屈なのかな。

でもきっと、それまでのキャリアで蓄積した知見と能力で、この分野でもできる
という彼なりの勝算があって、彼は人生をシフトしたのだと思います。少なくとも
こういう人は沈みつつある泥船にしがみついて道を誤るようなことはしないこと
でしょう。他山の石としたいです。(2017/04/22 23:09)

7000万を捨てたのではなくて、それを元手に農業法人をCEOとして立ち上げたと理解します。次回は、是非このような会社で働く人にもスポットをあてた取材をお願いします。草取りの話題に便乗しますが、農業を村落共同体の一環として捉えれば、隣地の田畑に草の種が飛散しないような配慮は、農民の矜持であった時代もあったわけです。除草に矮小化した議論ではないと思います。最後に、久しぶりに東海銀行出身の方と聞き懐かしさを覚えました。(2017/04/22 14:11)

家庭菜園程度ですが、草取りはなかなかたいへんです。もちろん取ったほうがいいですが、程よく雑草があると乾燥を防ぎながら水はけもよくなります。時々、雑草のない黒々とした畑を見ますが、「薬使ってるのかな〜」と思いますね。農業は、勤勉に働けば働くほどちゃんと結果に出ます。だから、歴史上、農耕が始まって貧富の差ができたというのは納得です。脱サラで就農する時、のんびりした生活を目指す方が多いですが、この方はそれこそ「24時間働け」のやり方を農業に持ち込もうというのでしょうか?続きが楽しみです。(2017/04/22 07:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授