ロボットとAIがひらく農業の未来

ジャーナリスト・窪田新之助氏に聞く

 日本の農業が再生し、発展するためには何が必要か――。その答えをさぐるため、この連載では様々な農業経営者や新規就農者、さらに農政の矛盾などを取り上げてきた。だが、農業の将来を考えるうえで極めて重要で、しかも連載ではほとんど紹介してこなかったテーマがある。作物の栽培や経営に革新をもたらす新しいテクノロジーだ。

 これまで期待に反して鳴かず飛ばずだった植物工場の運営を軌道に乗せたケースを取り上げたことはある(3月31日「最強の植物工場は『手づくり』で完成させた」)。だがそれも、植物工場特有の環境制御の技術よりも、価格や販路の設定などのマーケティングに比重を置いてリポートした。

 そうしたなか、筆者が正面から取り上げてこなかった農業技術のイノベーションの最新動向についてまとめた好著が現れた。フリーランスで食と農の取材をしている窪田新之助氏の『日本発「ロボットAI農業」の凄い未来』(講談社+α新書)だ。今回は、窪田氏へのインタビューをお伝えしたい。

次はIoTで

なぜ農業でAI(人工知能)に関する本を書こうと思ったのですか。

窪田:以前、本を出したときの編集者から『次は(あらゆるものがネットでつながる)IoTで行きましょう』と言われたことがきっかけですが、そのときはIoTという言葉の意味さえまるで知りませんでした。ただ、IoTのことを調べているうち、非常に面白い世界だと思うようになりました。

 ロボットや人工知能のことを取材していると、転換期にある日本の農業に合う話だと思いました。勢いをつけて取材し、取材を始めてから4、5カ月で書き上げました。

IoTやAI、ビッグデータといったことを学びながら書いている感じがよく出ていて、私のような素人にも読みやすかったです。

窪田:ぼくはITに非常にうとくて、(ガラケーを見せながら)これしか持っていないんです。SNSがどういうものかも教えてもらいながら書きましたし、フェイスブックはやってますが、LINE(ライン)とかはさっぱりわかりません。検索はパソコンでやってます。

窪田氏は「新しい技術が農業を変える」と話す。

バックナンバー

著者プロフィール

吉田 忠則

吉田 忠則

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューを投稿する読者レビュー

この記事は参考になりましたか?

この記事をお薦めしますか?

レビューを送信

コメントを書く コメント2件

コメント入力フォームへ