• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

吉野家のコメ、「一段下にみて欲しくない」

農家との距離縮めて安定調達

2017年8月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

家庭のご飯と牛丼はコメの特質が違う

 取材をしていると、相手の何気ないひと言でものの見方が変わることがある。吉野家ホールディングスにコメの調達についてインタビューしたときのことだ。コンビニの弁当やおにぎり、外食で使うコメのことを、ふつう「業務用米」と呼ぶ。とくに意識せずに取材でその言葉を使うと、担当バイヤーは流れを断ち切って次のように語った。

 「個人的な意見ですが、業務用米って言葉嫌いなんですよね」

 今回はこの言葉を手がかりに、稲作とコメの販売、消費、さらに農政のことを考えてみたいと思う。

なぜアグリ吉野家ISを立ち上げたか

 取材の目的は、コメを中心にした食材の調達会社「アグリ吉野家IS」の事業内容を理解することにあった。企業と農業との関わりをテーマに取材し続ける中で、農場を直接運営することだけが、企業がやるべき農業ビジネスではないと思うようになったからだ。

 アグリ吉野家ISは2009年の設立。吉野家と神明、伊藤忠ライスが立ち上げ、その後、木徳神糧も参画した。吉野家と有力コメ卸が組み、コメの安定調達に取り組む戦略会社だ。

 取扱量は3000トン超と、すでに吉野家グループが扱うコメの10%を超えており、近々5000トンに増やすことを目指している。吉野家という膨大な量の食材を扱う外食チェーンの調達の中で、一定のボリュームを持つにいたったと言っていいだろう。

 ただし、アグリ吉野家ISは農協や卸、全国農業協同組合連合会(全農)といった吉野家グループの既存の調達ルートを排除して大きくなってきたわけではない。アグリ吉野家ISは、そこに加わった新たなルートという位置づけだ。そこでポイントは、なぜアグリ吉野家ISを立ち上げたかにある。

 本来、コメ調達の基本は、吉野家グループが求めるコメの品質を全農や農協に伝え、それを組合員たちに作ってもらうというやり方だ。マーケットインの発想に基づくシンプルな生産方法で、これがうまくいけば最も効率的。だが、「このルートがなかなかままならなくなっている」という。

コメント6件コメント/レビュー

吉牛の牛皿を買って、家の特Aの米に掛けて食べても、正直美味しくないんですよね。べちゃべちゃして。なのに、ライスと牛皿を買い、家で乗せると美味い。同様にHotto Mottoのほか弁の米も冷めても美味しいし、弁当と良く合い、好きです。
ほんと外食産業各社は材料を良く調べて、考えて、選んで、商品を提供していることがよく分かります。価格としては高くないでしょうが、価格だけではないことを思い知らされます。料理との調和です。あの低価格であれだけの価値を提供する努力は素晴らしいですよ。

高くて美味しい米は美味しい米として価値を認めて買っているのでそれはそれでよし。
そしてご紹介頂いた「業務用米(敬意を込めて、敢えてこの言葉を使う)」を適正な価格で提供すべく努力している企業、農家への支援も良い。
美味くもなければ特色もない、ただ量だけの米を漫然と作り、市況を乱す農家への補助金はいい加減止めて、市場に求められる米を作る農家への支援に絞って欲しい。


コシヒカリって昔は美味しい米の代名詞でしたが、私の中ではいまやあまり美味しくない米の代名詞です。適地で丁寧に作ったコシヒカリはそりゃ美味しいですけど、「銘柄と遺伝子だけコシヒカリ」、不適地で粗雑に作ったコシヒカリやまがい物が圧倒的になって美味いコシヒカリには会えなくなったので、最近は買っていません。ここ数年はつや姫中心です。今は金色の風。これは美味い。ただ今年はもう買えませんが。。。(2017/11/24 20:26)

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「吉野家のコメ、「一段下にみて欲しくない」」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

吉牛の牛皿を買って、家の特Aの米に掛けて食べても、正直美味しくないんですよね。べちゃべちゃして。なのに、ライスと牛皿を買い、家で乗せると美味い。同様にHotto Mottoのほか弁の米も冷めても美味しいし、弁当と良く合い、好きです。
ほんと外食産業各社は材料を良く調べて、考えて、選んで、商品を提供していることがよく分かります。価格としては高くないでしょうが、価格だけではないことを思い知らされます。料理との調和です。あの低価格であれだけの価値を提供する努力は素晴らしいですよ。

高くて美味しい米は美味しい米として価値を認めて買っているのでそれはそれでよし。
そしてご紹介頂いた「業務用米(敬意を込めて、敢えてこの言葉を使う)」を適正な価格で提供すべく努力している企業、農家への支援も良い。
美味くもなければ特色もない、ただ量だけの米を漫然と作り、市況を乱す農家への補助金はいい加減止めて、市場に求められる米を作る農家への支援に絞って欲しい。


コシヒカリって昔は美味しい米の代名詞でしたが、私の中ではいまやあまり美味しくない米の代名詞です。適地で丁寧に作ったコシヒカリはそりゃ美味しいですけど、「銘柄と遺伝子だけコシヒカリ」、不適地で粗雑に作ったコシヒカリやまがい物が圧倒的になって美味いコシヒカリには会えなくなったので、最近は買っていません。ここ数年はつや姫中心です。今は金色の風。これは美味い。ただ今年はもう買えませんが。。。(2017/11/24 20:26)

そもそも米は用途にあう銘柄があったはず。ササニシキは寿司にはぴったりと聞いている。
大手外食・中食がもっと「専用米」を市民にPRすることも必要ではないか。市民が認知することで生産者のやりがいにもつながってくるだろう。

個人的には吉野家のご飯は、テイクアウトした時の味わい変化が少なくなるようなものが良いと思うが・・・。(2017/08/04 12:56)

吉野家の米は確かに牛丼にマッチしいておいしい。できればもう少し温度を下げてほしい。熱くて食べにくいし、温度ぬるめの方がおいしい。
コシヒカリは甘すぎて粘り過ぎに感じる。コメを炊くときは5合に対して水は4.5合分で炊いている。その方が硬くてうまいと感じるから。(2017/08/04 11:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者