• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国農業で知る「中途半端は日本の価値」

都市に田畑が残っていた幸せ

2016年10月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国南部の光州市で9月23~25日、大韓民国都市農業博覧会が開かれた。日本でも昨年、都市農業を振興するための基本法が制定されたが、韓国はそれに先立つ3年前の2012年に関連法が施行され、国を挙げて都市農業を盛り上げるための運動が始まった。ソウルからスタートした博覧会はその一環で、今回で5回目の開催になる。

 博覧会の内容は大きく2つに分かれている。会場を訪れた人が都市農業について知り、体験できる展示会と、市民団体が活動をプレゼンする発表会だ。この発表会に、東京都国立市でイベント農園を運営している小野淳さんが参加した(2015年2月6日「ニンジャが畑を守る意味」など)。

 小野さんはテレビ番組の製作会社に勤めていたときに農業への関心を深め、30歳過ぎで脱サラして農業の世界に飛び込んだ。農業法人でも一時働いたが、持ち味はやはり「発信型」の活動。国立市にあるJR谷保駅から歩いて数分の農園「くにたち はたけんぼ」で、婚活や忍術体験など様々なイベントを開いている。日本における都市農業の新たなモデルといっていいだろう。

 韓国と日本の農業はどう違うのか。とくに、都市農業にはどんな違いがあるのか。博覧会に参加し、帰国したばかりの小野さんにインタビューした。

大韓民国都市農業博覧会でプレゼンする小野淳氏(写真は小野氏提供)

観葉植物、屋上緑化も都市農業

韓国と日本で、都市農業にどんな違いがありますか。

 「まず法律が違います。日本の都市農業振興基本法で定める都市農業は、『市街地とその周辺地域で行われている農業』で、かなりざっくりしています。基本的には、農家の土地で農家が昔からやっていることの延長に都市農業があります。都市の住民を意識はしていますが、主体は都市の農家です。農家が持っている農地からスタートしています」

 「これに対し、韓国は徹底的に都市化が進んだがゆえに、都市に農地がないんです。だから、『都市住民が農と触れる』ことは、野菜を作ることだけではなく、オフィスでプランターで観葉植物を育てることや、壁面や屋上の緑化、公園で開く緑のイベントなど、すべてをひっくるめて都市農業としています」

 「都市で失われてしまった農的なものを、どうやって再生するかがテーマなんです。都市に農地が点在している日本とは違います。全国都市農業市民協議会の代表から話を聞きましたが、2005年くらいから、市民団体のあいだで帰農運動が起きたそうです。都会はストレスフルで環境問題があり、共同体も崩壊している。それに対するカウンターとして帰農運動があります」

 「ただ、いきなり田舎に帰るわけにはいかないから、帰農学校のようなものが始まりました。就農を前提に、いずれ自分も田舎に帰りたいから、畑のことを勉強してみたいという人たちの活動です。日本の市民農園に、ちょっと立ち位置が近いかもしれません」

光州市の市民農園。日本のものとほとんど同じという(写真は小野氏提供)

コメント3件コメント/レビュー

日本の都市農家は、政治力と自民党との癒着をてこに固定資産税をタダ同然にさせて、子孫に巨万の富を残したわけだ。日本の都市農家は地価の上昇を高度成長からバブルの時代、さらに今にかけて満喫した上で、神奈川、埼玉、千葉、および東京の郊外に膨大かつ不効率なな虫食い開発をさせ、人口比では9割を占める一般市民に苦痛極まる遠距離通勤を強いてきたわけだ。この記事はいったい何を書いているのかと思う。(2016/10/11 16:56)

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「韓国農業で知る「中途半端は日本の価値」」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本の都市農家は、政治力と自民党との癒着をてこに固定資産税をタダ同然にさせて、子孫に巨万の富を残したわけだ。日本の都市農家は地価の上昇を高度成長からバブルの時代、さらに今にかけて満喫した上で、神奈川、埼玉、千葉、および東京の郊外に膨大かつ不効率なな虫食い開発をさせ、人口比では9割を占める一般市民に苦痛極まる遠距離通勤を強いてきたわけだ。この記事はいったい何を書いているのかと思う。(2016/10/11 16:56)

 別にコメントされた方と同意見で、儒教思想下で労働は下賎なものという固定観念がいまだに抜けていない事が大きな原因であろうと思う。
 もう一つは、とにかく結果だけを求めて性急に事を進め(現地語で「パルパル」だったか「パルリパルリ」だったか)、過程を吹っ飛ばして「一見成功したかに見える成果」のみに大暴走する(その結果として基礎がおろそかになるから長い目で大失敗に終わるプロジェクトが多く、また「結果のためなら不正も是」となり手抜きや汚職腐敗の温床が絶えない)国民性も無縁ではないでしょう。
 反面教師としては、非常に参考になる隣国ではあります。(2016/10/11 14:22)

儒教による肉体労働軽視という文化に加えて、日韓両国における「園芸文化」の違いも大きいと思います。日本は江戸期に園芸文化が高度に発達し、今でも東京の下町では場所が空いていれば所狭しと鉢植えを並べるように、都市住民においても「植物を育てる」文化が脈々と息づいています。一方韓国の都市部にそのような文化が無いのは、朝鮮半島で10世紀前後に起こった白頭山大爆発により民族交代が起こり、先住農耕民が激減しシベリア方面からの狩猟採集民が流入したため農耕文化が一旦途絶えたことによる影響が大きいのではと考えています。(2016/10/07 17:42)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授