• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

浮気な消費者は「国産」だけでは食べてくれない

石井食品の栗きんとん工場を訪ねて

2015年10月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国製のギョーザ事件などをきっかけに、日本で食の国産志向が高まったと言われている。たしかに、スーパーなどであからさまに「中国産」と書いた野菜や肉を見かけることはそう多くはない。だが、食料自給率がずっと4割で低迷していることから分かるように、加工食品や総菜やレストランでは引き続き外国産がふんだんに使われている。

 東日本大震災のときに農林水産省がやった「食べて応援しよう」というキャンペーンがそうだが、たんなる運動論で農業を後押しすることはできない。国産であるということは価値のひとつだろうが、味や安全性や値頃感のある価格なども追求しないと、消費者から長く支持されるのは難しい。

流れ作業で栗きんとんをつくる石井食品の工場(千葉県八千代市)

基本に戻って国産の栗を

 今回はそこに挑戦している企業として、ミートボールなどで有名な石井食品(千葉県船橋市)を取り上げたい。きっかけは「基本に戻ろうということで、国産の栗を使うようにしました」という長島雅社長の一言だ。「社員みんなで皮をむいてます」とも話したので、シートか何かをしいて従業員がのどかに皮をむいている光景を想像しながら作業を見学に行くと、工場でラインを組んでがっつり本格的にやっていた。

 場所は千葉県八千代市。見学に際し、上下白衣を着てから、帽子をかぶってマスクをつけ、電話ボックス大の小部屋で突風を浴びる。これ以上細部は割愛するが、ゴミやホコリを持ち込まないよう細心の注意で準備してから作業場に入ると、新鮮な栗の香りが漂っていた。

 作業の流れは以下の通り。専用の機械に栗を数十個まとめて入れると、中で歯のついた円盤が高速で回転し、カンナの要領で栗の外側の堅い皮をむく。機械から出てきた栗には薄いしぶ皮が残っており、約30人の従業員が素早くピーラーではいでいく。

鮮度を落とさないため、素早い作業が必要

コメント5件コメント/レビュー

(以前「石井食品さんのものを買いたいと思います」とコメントした者です)
この記事で石井食品さんのことを知り、鶏肉ミートボールをオンライン購入しました。もちろん、美味しいです。適度な味付で、そのままでも、料理の下ごしらえ的にも使えて、大変気に入っております。
さらにびっくりしたのは、鶏肉だけでなく、使用したすべての原材料に関するデータが添付されていたことです。原材料に気を遣うメーカーさんでも、ここまではやりません(できないのだと思います)。たとえば、材料に練りこまれている大豆の原産地までは記していないですし、コーンスターチを使っていたとしても水飴と表記するにとどまっています。
恐らく、原材料表記にこだわると、どこまで表記すべきかという線引きの問題が必ず出てくるでしょう。線引きと、自らの掲げる信念(材料にこだわる)と、さらにビジネスとして成り立つ限界点を重ねあわせた結果、石井食品さんが製造する食品ラインアップがなぜ今こうなっているのか、オンラインショップを見ているとよくわかります。石井食品さんを知ることができて感謝です。
今後も、知的刺激をそそるような記事を楽しみにしております。抵抗勢力の炙り出しにも効いていますし、このシリーズは、本当に面白いです。(2015/12/06 17:05)

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「浮気な消費者は「国産」だけでは食べてくれない」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(以前「石井食品さんのものを買いたいと思います」とコメントした者です)
この記事で石井食品さんのことを知り、鶏肉ミートボールをオンライン購入しました。もちろん、美味しいです。適度な味付で、そのままでも、料理の下ごしらえ的にも使えて、大変気に入っております。
さらにびっくりしたのは、鶏肉だけでなく、使用したすべての原材料に関するデータが添付されていたことです。原材料に気を遣うメーカーさんでも、ここまではやりません(できないのだと思います)。たとえば、材料に練りこまれている大豆の原産地までは記していないですし、コーンスターチを使っていたとしても水飴と表記するにとどまっています。
恐らく、原材料表記にこだわると、どこまで表記すべきかという線引きの問題が必ず出てくるでしょう。線引きと、自らの掲げる信念(材料にこだわる)と、さらにビジネスとして成り立つ限界点を重ねあわせた結果、石井食品さんが製造する食品ラインアップがなぜ今こうなっているのか、オンラインショップを見ているとよくわかります。石井食品さんを知ることができて感謝です。
今後も、知的刺激をそそるような記事を楽しみにしております。抵抗勢力の炙り出しにも効いていますし、このシリーズは、本当に面白いです。(2015/12/06 17:05)

日本のコンビニ、大手スーパー、どこに行っても売られているのは食品添加物だらけの食品ばかり。最近コンビニが野菜を扱うようになったが、あり得ないほど緑化したジャガイモを平気で店頭に並べている。サラダパックのような野菜も、大量の漂白剤に晒されているのだろうと考えると、怖くて買えない。でも、石井食品さんのようなメーカーさんが存在すると知り、かすかな希望が見出せました。石井食品さんのものを買いたいと思います。(2015/11/03 22:57)

紹介されていた石井食品の工場は実家の近くにあります。
ミートボールも無添加で作っているそうですが、このような記事を読むと、郷土愛もあって、探してでも石井食品の商品を買おう、という気になります。(2015/10/30 15:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長