• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小泉進次郎が格好いいのは分かったが

保護論うずまくTPP論議

2015年11月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 参加すれば日本の農業が壊滅する――。全国の農家がそう心配した環太平洋経済連携協定(TPP)が大筋合意したことを受け、国内の農業対策の論議が急ピッチで進んでいる。与党の農林関係議員はどんな議論をしているのか。今回はその様子をお伝えしたい。

 11月5日、東京・永田町にある自民党本部の9階会議室はものものしい雰囲気につつまれていた。農林関係議員や官僚、記者団を見渡すひな壇の正面にすわったのは、農林部会長になったばかりの小泉進次郎氏だ。その横では、元農相の西川公也農林水産戦略調査会長が胸をそらし、厳しい表情で会場を見まわした。

西川公也氏(右)と打ち合わせする小泉進次郎氏(11月5日、東京・永田町の自民党本部)

小泉×TPPにシャッター音、数多

 「それでは2時になりましたので、合同会議を開催します」。小泉氏がそうあいさつすると、カメラのシャッター音がいっせいに鳴り響いた。なにしろ「小泉×TPP」のコラボだ、メディアの注目を集めないわけはない。室内はじわりと汗ばむような熱気で、何人かの議員はせわしなく扇子をあおいでいた。

 「今回は皆さんからいただいた指摘への回答を、役所からしていただきます」。小泉氏にそう促され、農水官僚が話し始めた。「本日これから宿題返しのご説明をします」。政治家の質問に日を変えて答えることを「宿題返し」というのは初めて知った。議員たちのテーブルにはカラープリントの資料がおいてあった。

 「桃です。我が国の主要な種類の果樹であり、さらなる競争力の強化が必要ということでございます」「柿でございます。主要な種類の果樹であり、さらなる競争力の強化が必要でございます」「続きまして、(ページを)おめくりいただきまして、栗でございます。我が国の主要な種類の果樹であり、さらなる競争力の強化が必要ということでございます」

 「キウイフルーツでございます。長期的には価格の下落も懸念されることから、体質強化対策が必要ということでございます」「おめくりいただきまして、イチゴでございます。長期的には価格の下落も懸念されることから、生産性向上等の体質強化が必要ということで考えております」

コメント7

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「小泉進次郎が格好いいのは分かったが」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者