• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

農家の努力をふみにじった偽装メーカーの大罪

酒蔵は、再びの春に向けて動き出す

2015年11月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「特別栽培」の表記をラベルから消す(浅舞酒造のホームページより)

 まずは1枚の写真から。真ん中に映っているのは1本の酒瓶。その裏側のラベルの文字を、男性がじっとのぞき込んでいる。「天の戸」の醸造元の浅舞酒造(秋田県横手市)が今月10日、ホームページにアップした写真だ。その下にある「何を信じれば良いのだろう」という文章を読んでからもう1度写真を見直すと、この男性の嘆きの意味がわかる。ラベルの文字でもっとも大切な部分を、修正テープで消している写真なのだ。

「何を信じれば良いのだろう」

 問題が発覚したのは5日。農協の上部組織、全国農業協同組合連合会(全農)が出した「肥料の回収および農産物への対応について」というリリースが、各地の農家を不安におとしいれる。全農が太平物産(秋田市)から買い、農家に売った肥料の成分が表記と違っていたことが明らかになったのだ。

 全農によると、太平物産の肥料の成分がおかしいと気づいたのが10月6日。これを受け、太平物産がつくっている753銘柄の肥料のうち、調査可能な726銘柄を調べたところ、なんと678銘柄の成分が表記と異なっていることがわかった。9割が偽装だったというのだからめちゃくちゃな話だ。全農が売った先は、青森、岩手、秋田、茨城など11県におよぶ。全農はリリースで「生産者、JAの信頼を損ない、多大なご心配とご迷惑をおかけした」と謝罪した。

 発覚した問題は3点ある。「肥料の成分が不足している」「記載されていない原料を使っている」「有機肥料の割合が少ない」の3つだ。農薬の成分をごまかしたとか、使用を認められていない農薬を売ったとかいう話ではないので、全農は「農産物の安全性には問題ない」と説明している。

 それでも生産者への影響は深刻だ。農林水産省のガイドラインによると、各地域でふつうに行われている栽培方法と比べ、化学合成農薬と化学肥料の窒素分をいずれも半分以下に減らせば「特別栽培」と表記できる。そして、太平物産の肥料のうち、約7割は有機成分が入っていることを売りにした複合肥料だった。

 問題の所在はこれでおわかりいただけるだろう。特別栽培と表記し、ほかの農産物と差を出すために太平物産の肥料を使っていた生産者が少なくないのだ。冒頭にかかげた浅舞酒造に酒米を納めていたコメ農家のグループも、そうした例のひとつだ。

コメント10

「ニッポン農業生き残りのヒント」のバックナンバー

一覧

「農家の努力をふみにじった偽装メーカーの大罪」の著者

吉田 忠則

吉田 忠則(よしだ・ただのり)

日本経済新聞社編集委員

1989年京大卒、同年日本経済新聞社入社。流通、農政、行政改革、保険会社、中国経済などの取材を経て2007年より現職。2003年に「生保予定利率下げ問題」の一連の報道で新聞協会賞受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック