• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本」を切り口にしたビームスの新業態

熱を持って走るから「かっこいい」(設楽 洋さん 第2回)

2016年8月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

「匠からオタクまで」の“振り幅”が日本

川島:新宿にある「ビームスジャパン」を、この度、全面改装されました。訪れてちょっと驚いたのは、世界中の良いものを紹介してきたビームスが、今度は“日本”を切り口に、ファッション、プロダクツ、カルチャー、飲食まで、まさにライフスタイル全般にわたる“THE JAPAN”プロジェクトを発信する場を作ったことです。これだけ真正面から“JAPAN=日本”と向き合ったのは、ビームスでも初めてのことじゃないですか。

設楽 洋(したら・よう) ビームス 代表取締役
1951年 東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、1975年 株式会社電通入社。プロモーションディレクター・イベントプロデューサーとして数々のヒットを飛ばす。1976年 「ビームス」設立に参加。1983年 電通退社。自らをプロデューサーと位置付け、その独自のコンセプト作りによりファッションだけでなく、あらゆるジャンルのムーブメントを起こし、セレクトショップ、コラボレーションの先鞭をつけた。(撮影:鈴木愛子、以下同)

設楽:僕は1951年生まれ。男の子なら米国のニューヨークやロサンジェルス、女の子ならパリに憧れて育った世代なんです。ものも情報もなかったから、「日本に入っていないけれど、これって凄くかっこいい」ものを紹介するのが、ビームスの役割だと思ってやってきた。ところが今は、ものも情報もあふれ返っている。だから逆に、間口を“JAPAN”に絞って紹介することも、新しい役割のひとつと思って取り組んだのです。

川島:アメリカに憧れていたビームスというスタートからすると、まったく逆の視点ですね。

設楽:ビームスを始めた時から、ずっと欧米に憧れ、海外のいいものを見てきたわけですが、10年前くらいから、日本にも良いものがたくさんあるのに、灯台下暗しだと気づいたのです。

川島:何か転機になるようなことがあったのですか?

設楽:ロンドンのサヴィルローのビスポーク・テイラーに行って、100年前のシャツの生地見本を見せてもらうと、日本製の極上のシルクが貼ってある。コンランショップが選んだ生活雑貨の中に、日本の曲げわっぱが並んでいる。そういったことを、海外で経験することが度重なり、かっこいいものって日本にもたくさんあると感じ入ったのです。それで、ビームスとして、日本のモノ作りの確かさや、日本人ならではのセンスやウィットに光を当てて、世界に向けて“JAPAN”を発信していこうと思うようになりました。

川島:ここ数年、“JAPAN”はひとつのブームになっていて、さまざまなところでお店が増えています。そんな中、設楽さんが提案するビームスらしい“JAPAN”とは?

設楽:コンセプトは「匠からオタクまで」なんです。ビームスらしいフィルターって何だろうと考えた時に、“振り幅”の大きさではないかと考えたのです。たとえば、日本の技術とか手仕事といった「匠」だけを取り上げている店は、他にもあると思います。一方、日本ならではのニッチなオタク文化を取り上げているところも、秋葉原とかにたくさんあります。

 でも、両方をやっているところって、あまりないのではないでしょうか。昔からビームスは、独自のフィルターを通してものを選ぶところに“らしさ”があったわけですから、“JAPAN”という切り口においても、それを大事にしようと考えた。それが“振り幅”ということです。

コメント1

「「ダサい社長」が日本をつぶす!」のバックナンバー

一覧

「「日本」を切り口にしたビームスの新業態」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長