• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

映画作りと会社の仕事は似ている

映画監督・テレビディレクター 是枝裕和さん(1)

2015年9月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「総合商社って、何をする会社か知らなかった」

川島:是枝さんには、この4月から、伊藤忠商事の企業広告の企画・制作をお願いしています。作っていただいた広告について、多くの社員から、「あの是枝監督が、うちの会社のコマーシャルを手がけている」と、驚きや喜びの声が寄せられていて「お願いして良かった」と、心から感謝しています。

(映像:伊藤忠商事広報部フェイスブックページより:)

是枝裕和(これえだ・ひろかず)
映画監督・テレビディレクター
1962年、東京生まれ。87年に早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、テレビマンユニオンに参加。主にドキュメンタリー番組を演出、14年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げる。主なテレビ作品に、水俣病担当者だった環境庁の高級官僚の自殺を追った「しかし…」(91年/フジテレビ/ギャラクシー賞優秀作品賞)などがある。
95年、初監督した映画『幻の光』(原作 宮本輝、主演 江角マキコ・浅野忠信・内藤剛志)が第52回ヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞等を受賞。04年、監督4作目の『誰も知らない』がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞し、話題を呼ぶ。13年、『そして父になる』で第66回カンヌ国際映画祭審査員賞他国内外の賞を多数受賞。2015年6月13日より最新作『海街diary』公開。
(写真:鈴木愛子、以下同)

是枝:そう言ってもらえると嬉しいです。

川島:是枝さんに手がけていただいた、伊藤忠商事の企業広告は、この春の新入社員を追うドキュメンタリー形式。丹念に社内を取材いただいているので、ずばりうかがいます。伊藤忠商事という企業に対して、どのような印象を持ちましたか?

是枝:まず、社長さん(岡藤正広氏)が魅力的でした。

川島:え、ウチの社長の? どういったところでしょうか?

是枝:僕の中には、ステレオタイプの大企業の社長のイメージが、まずあったのです。社長室の深々としたソファにどっしり座っていて、目の前に重役が並んで、指示を一方的に下す。社長自身は一歩も動かず、周囲の社員たちが動いて仕事が進む。

川島:はい。

是枝:ところが、伊藤忠商事の社長である岡藤さんは、僕のイメージをいい意味で裏切った。何というか、じっとしてない。

川島:そうなんです、じっとしていられないタイプなんです! 好奇心が強くてせっかちだから、部下に命じるより先に、自ら動いてぐんぐん周囲を動かしていく。とにかくものすごくエネルギッシュ。

伊藤忠商事の岡藤正広社長(写真:新関雅士)

是枝:岡藤さん、僕が「撮りたい」と思わせる何かを持っていらっしゃるんですね。

川島:えっ、本当ですか? どこが、ですか?

是枝:うーん、そうですね。一瞬たりとも止まっていないところが、実にユニークで、強い魅力を感じます。

川島:止まっていない……。言えてます(笑)

是枝:僕がお会いした限りでいうと、じっとしている瞬間がほとんどない。僕もちょっと似たところがあるんですが、岡藤さん、恐らく動いていないと嫌なんじゃないかな。日本を代表する大企業のトップでいながら、あの動的な感じ。実に素敵だなあと思います。

川島:いつか撮ってください! どんな映像になるのか楽しみです。

さて、ちょっと本題からずれちゃいましたが、伊藤忠商事という企業は、是枝さんからどう見えました?

是枝:その質問に答える前に、話しておくことがあります。今回の広告は、入社したばかりの社員を主役に据え、彼ら彼女らの目を通して、社内を描くことを意図しました。

川島:なぜですか?

是枝:覚えてます? 最初のミーティングで川島さん、僕に「総合商社って何をする会社かご存じですか?」って質問したでしょ。あの質問がきっかけだったんです。

川島:えっ、どうして?

是枝:そう聞かれた時、僕は、はっと気づいたんです。

「俺、総合商社ってどんな仕事をしているのか、全く知らないぞ」って。

 そして、「知らないことを知ったかぶりをして映像化することはできない」と思ったのです。だから、総合商社を知らないという無知を受け入れた上で、どう撮るかを考えました。僕みたいに総合商社のことをよく知らない人の目を通して、総合商社ってどんなことをしていて、どんなキャラクターの会社なのかを描けば、コマーシャルを見る一般のテレビ視聴者にぐっと伝わるんじゃないか。

 じゃあ、総合商社のことを全く知らない関係者って誰だ? 新入社員じゃないか! 

 という経緯で、コマーシャルのコンセプトが決まっていったんです。

川島:新入社員のオーディションもやりましたね。

是枝:新人の方々を、入社前に面接しました。正式に社員になる前の人たちを企業広告にキャスティングする。結構、斬新なことなので、クライアントである伊藤忠商事が躊躇するかな、とも思ったんですが、認めていただきました。

川島:いざ、どの新入社員をキャスティングするのかを決める段階で、けっこう厳しい議論にもなりましたね。会社側からすれば、非の打ち所のない優等生的な人間を推したい。でも、是枝さんの方はというと……。

是枝:優等生ばっかりじゃつまんない(笑)。もちろん、優秀な新入社員を見せたい、というのは企業として当たり前の感覚です。ただ、優等生ばかりを取り上げちゃうと、伊藤忠さんの魅力を、僕が思い描いた広告のかたちで体現できなくなっちゃう。

川島:是枝さんの撮りたい人と会社側が出したい人がずれて、意見が拮抗する場面もあって、ちょっと冷や冷やしました。でも、最終的には是枝さんの意見が……。

是枝:通していただきました。こういうコマーシャルの場合、普通は僕が折れるしかないわけです。ただ伊藤忠商事さんの場合、意図するところをきっちり説明したら、理解してくださった。会社の中にカメラが入っていくわけですから、ここはいけない、あそこはいけないと、企業側は守りの姿勢に入りがちになります。

 撮影クルーに対して、もっと制約をかけてくると思ったのですが、心配するほどではなかったし、制作が進行するにつれ、コマーシャルと撮影に対する社内の理解が深まったなあと感じています。そういうこともあって、伊藤忠商事さんの企業風土はフランクでフレンドリーなものです。

川島:いい意味で、枠にはまらない自由闊達な社風がある、と私も感じています。今回のテレビコマーシャルをつくる仕事も、転げるほどのスピードで進んでいて、驚いてます。もちろん、是枝さんの仕事のクオリティがものすごく高いから、スムーズに進んでいるのですが(笑)。

是枝:伊藤忠商事の場合、トップと現場の距離が近いのが、スピーディに仕事が進むポイントでしょうね。トップと現場との距離が遠くなればなるほど、決定までに時間はかかるし、仕事の創造性はどんどん失われてしまう。

川島:企画から決定・実施までが、時間的にも物理的にも短いのがとても大切なんだと実感しました。そして、うちの会社では、それが実現されていると。

コメント0

「「ダサい社長」が日本をつぶす!」のバックナンバー

一覧

「映画作りと会社の仕事は似ている」の著者

川島 蓉子

川島 蓉子(かわしま・ようこ)

ifs未来研究所所長

ファッションという視点から、さまざまな分野の企業のブランド作りなどのプロジェクトにかかわる。日経MJ、ブレーン、読売新聞などで連載を持つ。2013年から現職。多摩美術大学非常勤講師。Gマーク審査委員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長