• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ミャンマーの特区、問題あるも発展は間違いなし

訪れて感じたアジアの秘境の可能性

2016年1月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本からの旅行者がタイのバンコク経由でミャンマーのヤンゴンに到着すると、アジア特有のむっとした熱気が待っている。そして空港前の混沌とした雰囲気が迎えてくれる。空港のカウンターで8000ミャンマー・チャット(約800円)を支払うとタクシーでダウンタウンへ行くことができる。

ミャンマーとタクシードライバー

 タクシーの運転手は流暢ではないけれど、英語で対応し、総じて親切だ。交通渋滞の中、クラクションをひたすら鳴らし続けて走り続ける。この国では、クラクションは危険の意味ではなく、車がそこにいるという存在証明に近い。

 道すがらのろのろとしか動かないためだろうか、様々な観光名所をドライバーは教えてくれる。ここは有名な湖だ、そしてこっちはヤンゴン大学で、アウンサンスーチーのハウスがそばにある。最後には、観光したいところはあるか?と。

 そうか、このドライバーは観光名所に連れて行って追加費用を払わせたいのか、と私は思った。それなら、誘いに乗ってみるのも悪くない。私はガイドブックで学んだばかりの寺院「シュエダゴン・パゴダ」や「タウッチャン戦没者墓地」などを挙げてみた。しかし、私が妙に思い込んでいただけだったのかもしれない。ドライバーは、それならホテルから行け、寺院はクツを脱がねばならないので夜がふさわしい――などと笑顔でアドバイスをくれ、それで会話は終了した。

 ホテルについた翌日。私は効率的に動こうと考え、フロントにタクシーをチャーターできないか相談してみた。翌日にやってきたドライバーと、1日かけてヤンゴンの主要な場所を回ることになった。私は元々ほとんど昼食をとらないが、他人と一緒であれば別だ。昼食はどうします、と聞いた私に、「合わせます、食べなくても大丈夫」との答え。ある場所で私が買い物のためタクシーを離れて戻ると、ドライバーはコーラを持っていた。「あなたに買っておきました」。既に私がミネラルウォーターを買っていたため、感謝とともに丁寧に断ると、はにかんだような笑みを見せた。もちろん、その代金は請求されなかった。

 たった数例でその国の国民性を理解するのは無理がある。

 しかし、私にはなぜか彼らの笑みが心に残っている。

経済特別区では建設が盛ん

 前回から引き続き、ミャンマーからサプライチェーンの改革が起きる可能性を述べる。ミャンマーは2011年に発足したテイン・セイン政権から海外企業に対して広く経済活動を認めるよう動いている。

 それまではタイやシンガポール、ベトナムなどがASEAN(東南アジア諸国連合)の経済発展の中心だった。ミャンマーはその高発展を横にたたずんでいた。ゆえにアジア最後の秘境とも呼ばれた。ミャンマーが中国にとっても経済上の重要国であることは前回に述べた。そして周辺国にとっても、ロジスティックス上の重要拠点となりうる。

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「ミャンマーの特区、問題あるも発展は間違いなし」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長