• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アマゾンが無人工場で世界を制覇する日

2017年5月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:AP/アフロ)

 先日、某社の会長と対談した。飲食業を手広く広げ、私が卒倒するほどの豪邸に住むその老兵士は、いまだに仕事の進化を忘れてはいなかった。

 これまで飲食業は個人芸だと思われていた。料理の味はどうしても定性的な味覚で表現される。しかし、いまでは毎日データが集計され、個別の売上がすぐさま確認でき、ただちに対策も打てる。無数のレシピから、機械学習によって、地域ごとに評判のメニューを洗い出し、実験を繰り返す。

 さらに店舗設計についても、これまでのノウハウが機械学習され、最適なスペースや動線設計、ならびに客席数を模索する。飲食店は個人芸から、統計学へ脱皮した。

 では、人間がやることはないのか。

 いや、違う。老兵士は、最後は料理人であり、経営者の人間性が固定客を創り出すと言う。コンピューターには、店舗設計の大枠はできても、デザインとアーティスティックな意匠設計まではできない。「いまは激動の時代です。人間がやっていることのうち、機械に任せられるものは、任せねばなりません。そして人間は、人間だけができることに注力していく」。

 早口で私に語りかけ、そしていつしか私は、その老兵士に魅了されていた。

 その熱量は、たしかに、機械にできなさそうな、何かを帯びていた。

倉庫業務に世界の頭脳を集めるアマゾン

 米アマゾン・ドット・コムがきわめて興味深いコンテストを開催する。「アマゾン・ロボティクス・チャレンジ」は自社倉庫で自動作業を行うロボットが競う大会だ。その賞金はなんと25万ドル。日本円で、約2750万円になる。同社は日本の名古屋でその3回目を開催するとし、世界中のチームが参加する予定だ。

 これまでのファイナリストを見ると東京大学など日本の大学が名を連ねており、その他、カーネギーメロン大学など一流どころが揃っている。ロボットは貨物を正しく認識し、それをうまくピッキングし、動線を管理し、さらにはエラー検知もせねばならない。どれだけうまく特定場所に格納できたかで勝者が決定する。

 アマゾン・ロボティクス・チャレンジが開催される「ロボカップ」には、2017年には日系企業も多く協賛しており、2015年の勝者はベルリン工科大学で、吸引器を使ったロボットが、20分で12個のうち10個の荷物を運んだ。2016年にはチームデルフトなるチームが、複雑な課題をクリアした。

 もちろん、これらのコンテストは学術的な研究と産業の橋渡しをする点に目的がある。しかし同時に、アマゾンは大会の成果を実務に活用することも視野に入れているはずだ。

 アマゾンは自社が独自で販売するものだけではなく、小規模業者がアマゾンに委託し発送するフルフィルメント業務も推進している。世界中の販売、倉庫管理と発送業務を一手に担おうとする野心にあふれている。その野心を達成するためには、人手にできるだけ頼らないシステム構築が急務だ。

コメント5件コメント/レビュー

無闇矢鱈に販売品目を増やし続けるビジネスモデルですから形状や大きさが異なりピッキングに技術的問題が出てきてしまいます。
販売することで利益を出すのではなく、マーケットプレース(仮想商店街)の回転差資金(売掛金と支払の時間差)で儲け、州税回避で安売りしてきたビジネスモデルは売上げを増やし続ける必要があり限界に達したので自社配送や自動化が必要なのです。
どの企業も巨大な自動化された配送センターを必要とするようになってきていますが、形状や重量が同じなので問題は少ないのです。
最近は配送センターの火災が増えていて巨大化の限界が見えてきています。(2017/05/18 04:43)

「目覚めよサプライチェーン」のバックナンバー

一覧

「アマゾンが無人工場で世界を制覇する日」の著者

坂口 孝則

坂口 孝則(さかぐち・たかのり)

調達・購買コンサルタント

大阪大学経済学部卒業後、電機メーカー、自動車メーカーに勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。調達・購買関連書籍23冊を上梓。2010年、調達・購買コンサルタントとして独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

無闇矢鱈に販売品目を増やし続けるビジネスモデルですから形状や大きさが異なりピッキングに技術的問題が出てきてしまいます。
販売することで利益を出すのではなく、マーケットプレース(仮想商店街)の回転差資金(売掛金と支払の時間差)で儲け、州税回避で安売りしてきたビジネスモデルは売上げを増やし続ける必要があり限界に達したので自社配送や自動化が必要なのです。
どの企業も巨大な自動化された配送センターを必要とするようになってきていますが、形状や重量が同じなので問題は少ないのです。
最近は配送センターの火災が増えていて巨大化の限界が見えてきています。(2017/05/18 04:43)

 人間にしかできないことは確かに存在する。ただ、これは目に見えない、高度な抽象レベルにある。いまでも、そしてこれからもコンピュータでは絶対できないことがある。
 一度、猫と犬を定義してもらいたい。見ればわかると言うのは定義ではない。言葉を尽くし、論理的に、そして人ならばだれでも理解できるように定義してもらいたい。
 あまり難しければ、犬と猫の違いを明示してみるのもいい。
 言葉では絶対にできない。そしてコンピューターでは画像も音も識別できない。
 そしてこれがAiの限界になる。
 だからAmzonであろうが、どこであろうが作業行程のほとんどは無人化できる。ただ未開が残るのは、市場だけである。
 なぜならいくら生産工程がAiによって標準化されても、そういった標準化の影響を受けた消費者が、また新たな欲を持つようになるから。人は動くもの、常に変化するもの。(2017/05/17 14:37)

人不足に悩む企業とはいいますが、需要と供給を無視して、とにかく安く人を使いたがるから人が集まってこないのでは?
パートナーへの希望は夢見がちに高いものを挙げていながら、結婚出来ないと嘆く人のように。

これまでの日本の生産性の低さには同意もするが、生産性の向上というスローガンを利用して
「安く使えないのなら、機械を使えばいいや」というのは、社会的な責任としてどうなのかと思う。(2017/05/17 13:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長