• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ジタハラ(時短ハラスメント)」が急増する

2017年1月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ジタハラ」がこれから問題になってくると私は見ています。ジタハラとは「時短ハラスメント」のことです。

 上司が部下に対し、頭ごなしに「時短だ」「定時に帰れ」と言い続けると、部下に対する一種の苛めになりかねません。

 なぜでしょうか。次の会話文をお読みください。

●柳本課長:「社長、この数字を見てください。わが課の労働時間の推移です。昨年1月から7月までと、8月から12月までの平均労働時間を比べてみました」

○鷲沢社長:「7月から残業削減に乗り出したと聞いている」

●柳本課長:「はい。社長が当社にいらっしゃる前からです」

○鷲沢社長:「その成果を見ろ、ということだな。月平均で20時間ほど残業が減っている」

●柳本課長:「こちらに別の資料があります。他の営業課と比べてください。私の課と比べると15時間くらい残業が多いです。つまり、他の営業課はなかなか残業を減らせていないわけです」

○鷲沢社長:「君の課は結果を出しているということかな」

●柳本課長:「はい。自分で言うのは何ですが、やればできるものです。コツさえつかめば誰でもできます。要はやるかやらないかの違いです」

○鷲沢社長:「やるかやらないかの違い、というのはその通りだ」

●柳本課長:「他の課長は何をやっているのでしょうね。部長も部長です。残業を減らす気があるのかないのか。ここからが相談です。社長から部長や他の課長にもっと時短に取り組めと言っていただけませんか。私の課のメンバーが、自分たちだけ早く帰るのは気がひけると言うものですから。私が部長に頼んでも、なかなか聞いてもらえません」

○鷲沢社長:「君には娘さんがいたよな」

●柳本課長:「は? はい、小学校4年生の子がいます」

○鷲沢社長:「宿題は毎日出るか」

●柳本課長:「え、ええ。それが何か」

○鷲沢社長:「最近の子は宿題に追われる毎日を送っているのかな」

●柳本課長:「まあそうですね……。遊ぶ時間がないぐらい、宿題やら塾通いやら。我が家がとりわけ教育に力を入れているわけではないのですが」

○鷲沢社長:「寝るのは何時頃かね」

●柳本課長:「夜10時……いや11時ぐらいの時もありますね」

○鷲沢社長:「遅いな」

●柳本課長:「10歳にしてはそうかもしれません。私が小学生だった頃は9時までには寝ていましたね」

○鷲沢社長:「夜11時までに宿題が終わらなかったらどうする」

●柳本課長:「え」

コメント12件コメント/レビュー

そもそも何の為に自分は働いているかが判っていない労働者が多すぎる。答えは簡単、1に喰う為、2に自分が幸せになるため。1は兎も角、2を忘れている人が多すぎるように思う。
労働者も自分の資本を有効利用しようとすれば、残業が自分の幸せにならないということが簡単に判る。収入÷労働時間。分母を多くして収入を増やすのは非効率。残業は基本給の約1.25xの経費率だから確かに時間当たりの効率が良さそうだが、高い経費率を残業をやらせている会社は利益率が下がり利益が上がり難くなるからボーナス原資が減る。つまり時間を浪費してボーナスの先食いしているだけ。残業をしなければいけない仕事量を常に科する会社に働くというのは間違っている可能性が高いから他の職場を探すことが一つの選択肢。残業させることが会社にとっても社員にとっても非効率ということが判らない経営者の下に働くということは決して自分の幸せ追求に合致しないと思います。チャレンジと言っていた傾斜のの下で東芝のような大企業も傾くのです。船長が無能なら船は難破沈没します。(2017/07/25 07:54)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「ジタハラ(時短ハラスメント)」が急増する」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そもそも何の為に自分は働いているかが判っていない労働者が多すぎる。答えは簡単、1に喰う為、2に自分が幸せになるため。1は兎も角、2を忘れている人が多すぎるように思う。
労働者も自分の資本を有効利用しようとすれば、残業が自分の幸せにならないということが簡単に判る。収入÷労働時間。分母を多くして収入を増やすのは非効率。残業は基本給の約1.25xの経費率だから確かに時間当たりの効率が良さそうだが、高い経費率を残業をやらせている会社は利益率が下がり利益が上がり難くなるからボーナス原資が減る。つまり時間を浪費してボーナスの先食いしているだけ。残業をしなければいけない仕事量を常に科する会社に働くというのは間違っている可能性が高いから他の職場を探すことが一つの選択肢。残業させることが会社にとっても社員にとっても非効率ということが判らない経営者の下に働くということは決して自分の幸せ追求に合致しないと思います。チャレンジと言っていた傾斜のの下で東芝のような大企業も傾くのです。船長が無能なら船は難破沈没します。(2017/07/25 07:54)

なぜ時短かと言うと、少子化を食い止めて、日本という国家を維持させるためでしょう。今の長い労働時間では結局日本が滅亡してしまうという危機感からの話だと思います。そのためには残業の無い勤務時間を実現するのが第一で、業績目標は残業の無い勤務時間を前提として達成できるレベルのものに下げざるを得ないということだと思います。やり方を変えて効率的に働いて云々という話は、従業員レベルだけでは実現できないことで、そういうことが出来る経営者のいない会社では業績目標を下げるしかない仕組みにしていかなくては、少子化は止まらないと思います。そういう意味では本稿の中で業績目標のことを考えず、早く帰らせている課長の方がよほど日本という国家の役に立っていると考えるのは、おかしいでしょうか?(2017/01/26 20:26)

早帰りのため時間が無くて、今日完了できないストレスの方が、やって肉体的に疲れた方が絶対良い。断言します。
できないストレスで悶々として、結果よく眠れないというケースあると思います。スケジュリングは大切ですが、裁量が任された営業ならある程度時間外は任用すべきと思います。(2017/01/25 17:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授