• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

横山信弘の絶対達成2分間バトル 営業は寝ないとダメ

レビュー

とても参考になった
 

30%

まあ参考になった
 

19%

参考にならなかった
 

50%

ぜひ読むべき
 

40%

読んだほうがよい
 

4%

どちらでもよい
 

56%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

大脳生理学の観点からの切り口も記事に欲しかったところです。充分な睡眠を取らない脳は、睡眠中に補給されるべき脳内栄養が欠乏して飢餓状態になり、細胞活動が衰弱し、やがて細胞自体が死んでゆきます。ところが、脳細胞は再生しないので、結果として様々な機能障害を引き起こすことになり、最終的には脳の餓死、つまり人体全体の死に至ります。この脳の栄養欠乏による機能衰弱の下降開始点は、起床による活動開始後、8から10時間後に始まり、その後2/3から1/3まで急速に低下しますので、8時間労働制という形態は、科学的に裏付けられているものなのです。(生理学研究所の各発表論文などに出典がありますので、ご参照ください。)(2018/02/15 05:25)

多分、管理部門も寝ないとだめだと思います。(2018/02/14 11:13)

単なる長時間労働を誇る風潮が未だにあるような気がします。平成の次の年号が話題になろうかと言うのに、まだまだ昭和的ですよね。ここらあたりに先進国のなかで最低レベルと言われる低い労働生産性の理由があるのかもしれません。(2018/02/14 06:35)

内容は概ね理解できる(と言うか特に目新しい話でもない)のですが、このコンサルタントさんは何故女性相手だとタメ口になるのでしょうか?(2018/02/14 02:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長