• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

話が噛み合わない課長が、噛みついてきたら…

2017年3月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 気の利いた言葉やフレーズを覚えたからといって会話がうまくなるわけではありません。また、喋りが上手かどうかも関係ないのです。

 思っていることをすぐに口にしてしまう人、先入観がありすぎる人、思い込みが激しい人、早とちりが多い人、こうした人との話はなかなか噛み合いません。

 話が噛み合わない猫山課長と、課長の欠点を気付かせようとする鷲沢社長の会話をお読みください。

●猫山課長:「最近、悩んでいます。会社を辞めようかと思って」

○鷲沢社長:「辞める? 私に話したかったことはそれか」

●猫山課長:「はい。真剣に考えています」

○鷲沢社長:「いつ辞める」

●猫山課長:「え」

○鷲沢社長:「辞めるんだろ」

●猫山課長:「いや、その」

○鷲沢社長:「辞めるって言ったじゃないか」

●猫山課長:「いや、その……。社長、引き留めないのですか」

○鷲沢社長:「引き留めてほしいのか」

●猫山課長:「……あの……。去年結婚して子どもが産まれたばかりですから、妻に相談しない限り、そう簡単に決断できません」

○鷲沢社長:「それなら奥さんに相談したまえ。私よりもまずは奥さんだろう」

●猫山課長:「子どもの世話で毎日大変なんです。そこに私が会社を辞めると言い出したら、どれだけの心労を妻が抱えるかと思うとなかなか言えません」

○鷲沢社長:「だったら辞めなければいいじゃないか」

●猫山課長:「ご存知のとおり、来年の2月からシンガポールで勤務するように命じられました。妻は子育てがあるから一緒に行けないと言っています。単身赴任はちょっと……」

○鷲沢社長:「それで会社を辞めようと思ったのか」

●猫山課長:「とはいえ、簡単に決められません。家の30年ローンがありますし」

○鷲沢社長:「ローンを返せばいいだろう」

●猫山課長:「社長!返すお金があったら、とっくに返済していますよ」

コメント4件コメント/レビュー

この話にもあったとおり、社長の中には事業方針を思いつきのように話して、結局何がしたいのか分からないという方も結構います。
小さい組織なら社長自らが動いて会社を成り立たせることもできるのですが、それ以上の成長はあまり見込めないことが多いですね。
相手を外国人だと思って話すというのも一つの手かもしれません。(2017/03/16 08:55)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「話が噛み合わない課長が、噛みついてきたら…」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この話にもあったとおり、社長の中には事業方針を思いつきのように話して、結局何がしたいのか分からないという方も結構います。
小さい組織なら社長自らが動いて会社を成り立たせることもできるのですが、それ以上の成長はあまり見込めないことが多いですね。
相手を外国人だと思って話すというのも一つの手かもしれません。(2017/03/16 08:55)

私は今回のストーリーに感動しました。特に社長のクロージングの言葉、課長に対する期待とそれ故に言動を慎めと指示していること。これが染み入るか、そうでないか、ジェネレーションの違いなのでしょうか。(2017/03/15 20:35)

話が噛み合ってないのはもちろん社長の方ですよね?
え、逆!?うそぉ!?(2017/03/14 16:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授