• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

横山信弘の絶対達成2分間バトル 社長に馬鹿呼ばわり…「一発狙い」課長の言い分

レビュー

とても参考になった
 

14%

まあ参考になった
 

17%

参考にならなかった
 

68%

ぜひ読むべき
 

14%

読んだほうがよい
 

12%

どちらでもよい
 

73%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

う~ん・・・なんだろう
しっくりこないけど、分かる気もするが・・・
大企業の案件をさせるのは難しいけど、すると大きいですよね?
でも、この会社のセールスしているものが何なのかわからないが
一度入ってしまえば通期で受注をもらい易くなるものではないのであろうか?
売りっぱなしの商品やサービスだとしたらそうだろうけど・・・(2017/03/23 16:15)

営業全員が、中小案件ばかりをとるように成って目標達成できるようになると、経営者は決まって、今後は大きいところを狙うなんて欲を出す。大物狙いの1割バッターは、そういうことを防ぐためにも必要と思うし、平均で100%超えていれば立派と思うのだが・・・(2017/03/22 13:03)

長期スパンで100を大幅に超えているのだから結構優秀と思うんですが。
単年で完結する事業・取引ばかりではない世の中で・・・

そもそもこの論調なら誰かは「【参考になった】が2割ヤロー」になるんですがいいんでしょうか?(2017/03/22 08:38)

目標未達とかどうでもいいんじゃないの?
こういうのって縮小均衡していく会社の気がするw(2017/03/22 06:57)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長