• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ヘリコプター上司」の暴走とその正体

2016年4月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人不足が深刻な時代となりました。若い人財を確保することは非常に難しく、これまで通りの募集の仕方では良い人財が集まらなくなっています。

 採用が困難になると企業は守りの姿勢に入ります。人が入ってこないわけですから、今いる人財が流出しないよう躍起になるのです。人財流出を恐れるとはいえ、過剰な対応は慎みたいものです。

 今回のテーマは「ヘリコプター上司」。過保護な小鹿常務と鷲沢社長との会話を読んでみてください。

●小鹿常務:「社長、探しましたよ。こんなところにいらしたのですか。どうしても申しあげたいことがあって探し回っていました」

○鷲沢社長:「どうしたんだ、突然」

●小鹿常務:「どうしたも、こうしたもないですよ、社長。経理部の犬塚さんに仕事を頼んだでしょう」

○鷲沢社長:「経理部の犬山さん?」

●小鹿常務:「犬塚さんですよ。名前も知らない相手に仕事を頼むんですか、社長は」

○鷲沢社長:「そんなに突っかかるな。どうした、その犬塚さんは」

●小鹿常務:「社長が仕事を頼んだのですよ」

○鷲沢社長:「私が?」

●小鹿常務:「今朝、社長室スタッフの仕事を経理部の犬塚さんに頼んだそうじゃないですか」

○鷲沢社長:「ああ、それか。ちょっとした資料作成を頼んだ。スタッフがひとり風邪をひいて休んだと言うから」

●小鹿常務:「困るんですよ、勝手に犬塚さんに頼まれると」

○鷲沢社長:「そうか。だが常務の君が言いに来ることかね」

●小鹿常務:「それなら犬塚さんが直接社長に言えばいいとでも言うのですか。彼女は派遣社員ですよ。いくらなんでも社長に面と向かって言えませんよ」

○鷲沢社長:「そうかもしれん。ただ、私はその犬塚さんに聞いた。『少しの時間、助けてもらってもいいかな。急にスタッフが休んでしまって』と。笑顔で承諾してくれたぞ」

コメント7件コメント/レビュー

離職率が高い企業って、何が原因なのか知りたいところですが、少なくとも、儲かれば良いってもんじゃ無いっていうコメントには賛同します 儲かっても、配分しない経営者が多いので、今の消費が低迷しているのは明らかですから 円安で史上最高益を出しても、ベースアップは僅か、ボーナスも低調 アベノミックス失敗の主因ですよね

ところで、ヘリコプターの件は、確かに、過保護というか過干渉に使われるのでしょうけど こういう「上司」には当てはまらないと思います だって、こんな「常務」観た事有りません もちろん、筆者は、こうなってはいけない、と指摘しているのでしょうけど 社長に、こんな細かい事をご注進というよりは、言いたい放題な取締役なんて、居ないでしょう 

居たら、それこそ、問題ですけど リアリティーに欠けるので、読んでいて苦笑するばかりでした そもそも、社員一人一人への評価を、常務どころか社長も把握している会社の規模で、常務なんて居ませんよ 社長と専務、あとは部長が数人、社員数30から50の中企業でしょう 設定からして、リアリティー、有りませんねぇ(2016/10/12 09:24)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「ヘリコプター上司」の暴走とその正体」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

離職率が高い企業って、何が原因なのか知りたいところですが、少なくとも、儲かれば良いってもんじゃ無いっていうコメントには賛同します 儲かっても、配分しない経営者が多いので、今の消費が低迷しているのは明らかですから 円安で史上最高益を出しても、ベースアップは僅か、ボーナスも低調 アベノミックス失敗の主因ですよね

ところで、ヘリコプターの件は、確かに、過保護というか過干渉に使われるのでしょうけど こういう「上司」には当てはまらないと思います だって、こんな「常務」観た事有りません もちろん、筆者は、こうなってはいけない、と指摘しているのでしょうけど 社長に、こんな細かい事をご注進というよりは、言いたい放題な取締役なんて、居ないでしょう 

居たら、それこそ、問題ですけど リアリティーに欠けるので、読んでいて苦笑するばかりでした そもそも、社員一人一人への評価を、常務どころか社長も把握している会社の規模で、常務なんて居ませんよ 社長と専務、あとは部長が数人、社員数30から50の中企業でしょう 設定からして、リアリティー、有りませんねぇ(2016/10/12 09:24)

>業績が安定すれば離職率は減るってのも随分乱暴な説法だよな
たしかに!
企業としてキャッシュが潤沢であれば設備投資や人材削減などは少なくなる=離職率低減
とはなりませんね
一つの要因ではあるだろうが、一番の離職の要因って
人間関係とか職務での拘束時間が長いとかそういう部分が大きく締めているように感じますね(2016/04/14 10:39)

業績が安定すれば離職率は減るってのも随分乱暴な説法だよな(2016/04/13 13:34)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長