• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

営業の報奨金は「現金」で手渡すべき?

2016年6月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 夏のボーナスの時期が近づいてきています。営業の成績優秀者に対し、何らかの報奨金を支払う企業もあるでしょう。

 報奨金を現金で出したがる鷲沢社長と、それに異を唱える日高人事部長のバトルを読んでください。

●日高人事部長:「社長、本気で今年の夏のボーナスから成績優秀者に報奨金を出すのですか」

○鷲沢社長:「ああ、そうしたい」

●日高人事部長:「 10万円、 5万円、3万円の3種類と」

○鷲沢社長:「ナンバーワンの営業には25万円を渡そうかと考えている」

●日高人事部長:「現金で支払いたいと仰っているとか」

○鷲沢社長:「そうだ。給与としての課税処理はするが」

●日高人事部長:「賛成しかねます」

○鷲沢社長:「なぜだ」

●日高人事部長:「現金支給なんて下品だと私は思います」

○鷲沢社長:「下品?」

●日高人事部長:「人を札束で動かそうとする行為ですから」

○鷲沢社長:「見かけによらず君は神経質だな。営業は現金でもらったほうが嬉しいだろう」

●日高人事部長:「お言葉ですが、その発想が貧困です。政府のバラマキと同じじゃないですか」

○鷲沢社長:「話が飛躍しているぞ。借金をして営業に払おうというわけではない」

●日高人事部長:「それはわかっています」

○鷲沢社長:「上半期、営業部はよく頑張ってくれた。業績は回復しつつある」

●日高人事部長:「それもわかっています」

コメント5件コメント/レビュー

言いにくいが
高校生の作文かと思った(2016/07/05 20:02)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「営業の報奨金は「現金」で手渡すべき?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

言いにくいが
高校生の作文かと思った(2016/07/05 20:02)

私が新入社員で入った外資系のコンピューター企業で、5月24日の給料日に現金払いの給料袋が立っている先輩を見て、成せば成るのだと思いました。給料袋が立つ=帯締めの現金100万円を超えて、貰っていると言う事です。初任給が5万円位でしたから、その成果の凄さを感じて、感慨深い物がありました。
それ以降、手取りで100万円を超えた営業に挑戦して、20回以上は、超えています。最高は、245位でしたから。(2016/06/21 21:35)

札束でほっぺたを叩くのではなく、評価・処遇(賞与や月例賃金、昇進)で報いるということかと思ったら違った…
報奨金とするのであれば、営業を優先したい気持ちはりかいできるものの、営業以外のサポートチームや内勤の共通業務にも同じように報奨制度を設定してあげることが大切ですよね。(2016/06/21 16:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長