• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーの「絶対ぶれない軸」の作り方

2017年7月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 リーダーはしっかりした軸を心の中に持つべきだ、と言われています。

 「しっかりした」というところが肝要です。ぶれたり、折れてしまったりしては、リーダーとは言えません。

 では、どうしたらしっかりした、ぶれない軸を持てるのでしょうか。

 鷲沢社長と小鹿コンサルタントとの会話を読んでください。

○鷲沢社長:「今度の経営会議で発言してくれるのか」

●小鹿コンサルタント:「はい。社長よりも社外の私が言うほうがいいと思いますので」

○鷲沢社長:「うむ……」

●小鹿コンサルタント:「営業目標を絶対達成するため、社長方針である予材管理を徹底する」

○鷲沢社長:「その通り」

●小鹿コンサルタント:「予め仕込んでおく営業の材料、すなわち予材を営業目標の2倍まで積み上げる。そのために7月、幹部合宿をする」

○鷲沢社長:「営業課長は全員、缶詰だ」

●小鹿コンサルタント:「2倍の予材を仕込むまで帰ってはならない」

○鷲沢社長:「ん?」

●小鹿コンサルタント:「どうされましたか」

「課題をこなすまで帰宅は許さない」

○鷲沢社長:「帰宅を許さない、と言い切るのはさすがに労務上どうかな……」

●小鹿コンサルタント:「2倍の予材を必ず積む、その覚悟で合宿に臨め、という意味です。ただ、社長が宣言すると何でしょうから私が言います」

○鷲沢社長:「そうだな」

●小鹿コンサルタント:「竹虎常務に根回しはしておきました」

○鷲沢社長:「常務はどう言っていた」

●小鹿コンサルタント:「逡巡されていましたが、私が押し切りました」

○鷲沢社長:「まだ迷いがあったか」

●小鹿コンサルタント:「予材管理を断固として進める。この軸がぶれるようではいけません」

○鷲沢社長:「わかっている。わかっているが……家の事情でどうしても日曜日の昼までに帰宅しなければいけません、と言っていた課長がいたな」

コメント0

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「リーダーの「絶対ぶれない軸」の作り方」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者