• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どうして一流の人は「体調管理」を大切にするのか?

2015年8月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 暑い日々が続きます。読者の皆さん、体調など崩されていないでしょうか。今回の対話は体調管理についてです。

○部下:「本当に暑いですね……熱帯夜が続きます」

●営業課長:「今年は涼しい夏になると思っていたが正直なところキツいな」

○部下:「キツいなんてものじゃないです。だるくて仕方ありません」

●営業課長:「ちゃんと寝ているのか」

○部下:「それが駄目です。昨夜は飲み会で2次会まで付き合ったら、帰宅が12時過ぎになってしまいまして。妻がクーラー嫌いなので扇風機をつけて寝ましたが夜中の2時まで眠れませんでした。汗が気になって5時に起きてしまったので、なんだか頭がクラクラします」

●営業課長:「おいおい大丈夫か。ところで昨日の朝、君に頼んだ市場分析のまとめはどうなった。それができないとプロジェクトが先に進まない」

○部下:「あ、すみません。今日、何とかやります。飲み会へ行ってる場合じゃありませんでした」

●営業課長:「2時間もあれば終わる仕事だ。昨日の午後ずっと社内にいただろう」

○部下:「その通りですが……。なんだか仕事に対するモチベーションが落ちているというか……」

●営業課長:「勘違いするな。モチベーションじゃなくて体調の問題だ。具合が悪いと思考ノイズが出てきて脳のワーキングメモリーに余裕がなくなる」

○部下:「脳のワーキングメモリー?」

●営業課長:「そうだ。人間の脳がデータを処理するためには、ワーキングメモリーに十分な余裕がないといけない。だが体調が悪くなると、頭が痛いとか、腹が痛いとか、さっきの君のように寝不足で疲れがたまっているとか、考えるようになる。それが思考ノイズだ。そういうノイズが脳のワーキングメモリーを占拠し始めると、本来のデータを処理するためのメモリーがなくなる」

○部下:「ははあ、パソコンと同じでメモリーに余裕がないと正しく頭を働かすことができないわけですね」

●営業課長:「その通り。頭が整理できない状態になっていく」

コメント2

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうして一流の人は「体調管理」を大切にするのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員