• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

離職率が低い会社は何かがおかしい

2016年9月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は企業の現場に入って目標を「絶対達成」させるコンサルタントです。「絶対達成」というぐらいですから、組織に大きな変革を促します。

 組織変革は組織の構成員に相応のプレッシャーを与えます。それでも組織一丸となって同じ目標を目指しているうちに、メンバー同士の絆は深まるものです。

 しかし、まれに離職者が出ることがあります。組織変革に納得できない、価値観が違うなどといって辞めてしまうのです。

 離職者が出たとき、経営者やマネジャーはどう受け止めたらいいのでしょうか。鷲沢社長と正田課長の会話をお読みください。

●正田課長:「お呼びでしょうか」

○鷲沢社長:「君の部下が退職願を出してきた」

●正田課長:「そうですか」

○鷲沢社長:「そうですか、じゃないだろう。今年に入って2人目だ。『君のやり方についていけない』と言っている」

●正田課長:「ついていけないのなら、ついてこなければいい。そう思います」

○鷲沢社長:「何?」

●正田課長:「社長、私のやり方についていけないという部下の言い分は悪くありませんよ」

○鷲沢社長:「意味がわからん、どういうことだ」

●正田課長:「ついていけないから、ついていけないと言っているわけです。本人がそう言うならそうなのでしょう。問題なのは、私のやり方についていけない、だから会社を辞める、と安易に言い出すことです。社長のやり方についていけないのならともかく、私は一課長に過ぎません」

○鷲沢社長:「もう少し話し合え、ということか。だが君は譲らないだろう」

●正田課長:「はい。私のやり方を変えるつもりはないです」

○鷲沢社長:「君のやり方を私は支持している。だが、上司の君がそういう姿勢では、ついていけない部下としては辞めざるをえなくなるのではないか」

●正田課長:「そんな肝っ玉の小さい奴は今後も社業に貢献しません」

○鷲沢社長:「だから辞めてかまわない、ということか」

●正田課長:「引き留めて何かいいことがありますか」

○鷲沢社長:「辞めると言い出したのは、もう7年務めている中堅社員だ」

●正田課長:「中堅だから何ですか」

コメント25件コメント/レビュー

記事の本質を読めない人がこんなに多いとは驚きです。

財務諸表にしろ、離職率にしろ、それだけで会社を優良か悪質か判断しろなんて筆者は書いてないのに枝葉末節を気にし過ぎです。

組織改革中の会社ならば、人が辞める事にビビり過ぎるな。
辞める人間にも色々ある。ポジティブな場合もある。だから離職率だけをもってして会社の風土を語るな。
財務諸表は会社を判断する重要な材料ではあるが、それだけでもない。

要約すれば真っ当な事しか言ってないんですけどねぇ。

会話部分なんてあくまでバラエティであって、最後のとこなんてネタのオチみたいなもん。
筆者がビジネスマン(マネージャー側)に向けて言いたいこととは関係ないのに。(2017/01/24 11:28)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「離職率が低い会社は何かがおかしい」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事の本質を読めない人がこんなに多いとは驚きです。

財務諸表にしろ、離職率にしろ、それだけで会社を優良か悪質か判断しろなんて筆者は書いてないのに枝葉末節を気にし過ぎです。

組織改革中の会社ならば、人が辞める事にビビり過ぎるな。
辞める人間にも色々ある。ポジティブな場合もある。だから離職率だけをもってして会社の風土を語るな。
財務諸表は会社を判断する重要な材料ではあるが、それだけでもない。

要約すれば真っ当な事しか言ってないんですけどねぇ。

会話部分なんてあくまでバラエティであって、最後のとこなんてネタのオチみたいなもん。
筆者がビジネスマン(マネージャー側)に向けて言いたいこととは関係ないのに。(2017/01/24 11:28)

タイトルと記事の中身が合致しない記事です。
タイトル通りの記述が一行も無い。
電車の中吊り広告と同じでキャッチコピー倒れです。
読む価値が無い記事で、時間の無駄でした。(2016/09/20 17:21)

タイトルが「離職率がゼロの会社は何かがおかしい」だったらよかったんだと思います。
内容だけを見ると、落語として見れば、なるほどね、と思います。(2016/09/19 12:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長