• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「考えろ!」と怒鳴る上司は考え抜いているか?

2017年10月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「もっと頭を使え!」

 「もっと考えろ!」

 こう叱咤する経営者や上司は沢山います。確かに何かの目標を絶対に達成するためにはよく考えないといけません。考えずに行動だけしていても結果は出ません。

 ただし、「考える」といってもレベルがあります。鳥山人事課長と小鹿コンサルタントとの会話を読んでください。

○鳥山人事課長:「小鹿さん、あなたが当社にコンサルタントとして来たのは今年の5月でした。あちこちの現場に入ってもらいましたが、どうでしたか。人事の課長として率直なご意見を聞きたいのです」

●小鹿コンサルタント:「どのような切り口でお話しましょうか」

○鳥山人事課長:「『どうですか』という漠然とした質問をされても答えようがない、ということはわかっています。ただ、切り口と言われてもなかなか思いつかないのですが」

●小鹿コンサルタント:「それでは他の優良企業と御社を比べて、私なりに思ったことを言いましょうか」

○鳥山人事課長:「そうしてもらえるとありがたいです。当社の人材には色々と足りないところがあると思いますが」

●小鹿コンサルタント:「『考える』という切り口でいかがでしょうか」

○鳥山人事課長:「考える……」

●小鹿コンサルタント:「優良企業の社員はみんな、『考える習慣』を持っています」

○鳥山人事課長:「なるほど、当社の社員は『考える習慣』が足りないのかもしれません。当事者意識が足りないというか、目の前に問題があっても、どうすればいいか考えようとしないというか」

●小鹿コンサルタント:「まあ……」

○鳥山人事課長:「そういう輩が当社に多すぎると言うことですね」

●小鹿コンサルタント:「う……ん」

コメント7件コメント/レビュー

うちの会社は何かを決めたら、そのまま放置かな。
実際に深く考えて具体案を出しても迷惑がられるだけだし、
大企業なんてどこもこんなものでしょう。(2017/10/12 12:31)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「考えろ!」と怒鳴る上司は考え抜いているか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

うちの会社は何かを決めたら、そのまま放置かな。
実際に深く考えて具体案を出しても迷惑がられるだけだし、
大企業なんてどこもこんなものでしょう。(2017/10/12 12:31)

ご指摘はよくわかるのですが
それができない方にどういうように
ご指導をされているのか
具体的にお教えいただければ
ありがたいです。(2017/10/04 19:36)

考え抜く前に、課題設定が適切かを考える必要があるのでは。

間違った方向にトンネル掘ってしまいがちですよね。(2017/10/03 18:49)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長