• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

手ごわい「妄想課長」との戦い方

2016年10月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 過去に実績や成功体験があるためか、思い込みが酷く、新しいやり方や考え方を受け入れられない人がいます。単なる先入観ならまだしも、それがあまりに強いため、ほとんど妄想にまで近づき、身勝手な物語を作ってしまう人もいます。

 そうした一人である猫山課長と、妄想に手を焼く鷲沢社長とのバトルをお読みください。

●猫山課長:「社長、白ユリを課長に昇格させるという話を聞きました」

○鷲沢社長:「白ユリ? 誰だそれは」

●猫山課長:「あ、社長はまだご存じないのですね。みんなのニックネームを」

○鷲沢社長:「まだ赴任して1カ月ちょっとだ。ニックネームがあるなら教えてくれ」

●猫山課長:「白金ゆり子さんです。白ユリさんって呼んでいます」

○鷲沢社長:「白金さんか。そうだ、課長に昇格させる。来年1月からになるが」

●猫山課長:「時期尚早だと思うのですが」

○鷲沢社長:「……何?」

●猫山課長:「白ユリにはまだ無理ですよ」

○鷲沢社長:「唐突だな、君は。いきなりニックネームを使って話したり、私が決めた人事に『反対だ』と唱えたり。君は営業課長だろう。お客様に行くときも、そんな話し方をするのか」

●猫山課長:「いえ、そういうわけでは」

○鷲沢社長:「私は先代の社長とは違う。話しかける時にはそれなりの対策をしてこい」

●猫山課長:「対策ですか。もっと気軽に話しかけられると思っていました」

○鷲沢社長:「うーん、本当にそれで営業課長が務まるのか。白金さんのことはともかく、君こそ課長になるのはまだ早かったのじゃないか」

●猫山課長:「な、何を仰るのですか。もう10年も課長をやっているのですよ」

コメント4件コメント/レビュー

私は会話形式楽しいです。問題に至るプロセスが見えてきます。(2016/10/20 12:08)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「手ごわい「妄想課長」との戦い方」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は会話形式楽しいです。問題に至るプロセスが見えてきます。(2016/10/20 12:08)

今回は掲題と内容のズレを感じませんでした。
また結論であるところの、
「ある一部分だけを見て、その部分を全体だと思い込んで評価を下す人がいます。」
にも同意です。
また手厳しいコメントを寄せてくる読者への反論の意も込められていると受けとりました。

でもこのような簡潔な結論を述べるのに毎回長々と書かれているロールプレイングの脚本ライクな記述は必要なのでしょうか?(2016/10/19 08:27)

無意味(無駄)な会話形式で余計に言いたいことがピンボケしているんだよね・・・(2016/10/18 14:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長