• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

部下から話し掛けられやすくする二つの工夫

2017年10月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自分から部下に話し掛けると答えてくれるものの、待っていると部下からいっこうに話し掛けられない。

 もっと部下に話し掛けられたいので「いつでも声を掛けてくれ」と言ってみても、やはり話し掛けられない。

 こういう悩みを持つ管理職や上司がいるものです。

 鷲沢社長と小鹿コンサルタントとの会話を読んでください。

○鷲沢社長:「つい最近やってみたことがある。君に相談しなかったが」

●小鹿コンサルタント:「何でしょうか」

○鷲沢社長:「社員による社長評価だ」

●小鹿コンサルタント:「360度評価の社長版ですね」

○鷲沢社長:「全社員に無記名で私の評価をしてもらった」

●小鹿コンサルタント:「なかなか勇気がいりますよね」

○鷲沢社長:「ある有名な社長の講話を聴いて、やってみようと思った。厳しいことを書かれてもやむを得ないと覚悟はしたよ」

●小鹿コンサルタント:「結果はいかがでしたか」

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「部下から話し掛けられやすくする二つの工夫」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長