• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「問題」と「困りごと」を勘違いするマネジャー

2017年11月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「問題は何か」と聞かれると雄弁に語ることができるのに、いつまで経ってもその問題を解決できないマネジャーが沢山います。

 なぜ解決できないのでしょうか。

 答えは簡単です。マネジャーが問題だと思っていることが真の問題ではない場合が多いからです。

 柳本課長と小鹿コンサルタントとの会話を読んでください。

○柳本課長:「小鹿さん、もう何ともなりません。疲れました」

●小鹿コンサルタント:「どうしたのですか」

○柳本課長:「問題が山積みですよ」

●小鹿コンサルタント:「大変そうですね」

○柳本課長:「小鹿さんはコンサルタントですから、さぞかし問題解決が得意なのでしょうね」

●小鹿コンサルタント:「組織の『問題解決』が専門ですから」

○柳本課長:「羨ましい。私もそんな風に言ってみたいですよ」

●小鹿コンサルタント:「かなりお疲れのようですが」

○柳本課長:「疲れた、疲れた。社長だけならともかく、あの温厚な部長からも嫌味を言われるぐらいですから」

●小鹿コンサルタント:「……」

○柳本課長:「うちの組織の最大の問題は部長がいい人だということです。いい人なのだけれども『伝え方』を知らない。伝え方が悪いから、現場が仕事にやる気を出せない」

●小鹿コンサルタント:「そうですか」

○柳本課長:「どうしたらいいでしょう。問題解決のプロだったら、解決してくださいよ」

●小鹿コンサルタント:「どの問題ですか」

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「問題」と「困りごと」を勘違いするマネジャー」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長