• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どうして社内は“パソコンパチパチ”なのか?

2015年11月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回のテーマは“パソコンパチパチ”です。これに苛立つ経営者は少なくありません。ところが普段は黙っていて、営業コンサルタントの私が訪問すると、日頃の不満をぶつけてこられます。

 経営者が本音を社内で思い切り出したらどうなるでしょう。少々誇張していますが、次の会話を読んでみてください。

○社長:「おい、どうだ、この光景は」

●管理部長:「社内の様子ですか」

○社長:「フロア全体を見渡してみたまえ。キーパンチャーのパンチ室みたいだ」

●管理部長:「パンチ室って……社長、いつの時代の話ですか」

○社長:「君は知っているのか」

●管理部長:「はい。私はコンピューター関連の大手に勤めていましたから目にしたことがあります。若い女の子がパンチ室にずらっと並んで座って、データを入力していましたね」

○社長:「確かに昔の話だ。時代は変わった。だが、光景は昔にそっくりだ。当時はキーパンチャーだけがパンチ室に詰め込まれていたが、今はホワイトカラー全員がそうだ」

●管理部長:「全員がまるでキーパンチャーだと?」

○社長:「ああ。このフロアに80人の席がある。全員がパソコンの前に座ってキーボードをパチパチやっている」

●管理部長:「そう言われると確かにパンチ室みたいですね」

○社長:「うちは普通の印刷会社だ。この光景はどう見てもおかしい」

●管理部長:「うちに限らないでしょう。昨日、取引先の建設会社へ行きましたが、そこのオフィスでも皆さんパチパチやっていました」

「うちの社員はブロイラーだな、まるで」

○社長:「今朝、挨拶回りをした食品会社もそうだった。全員無表情のまま、ディスプレーに向かってパチパチ、パチパチ。本当に気持ち悪い光景だ。ブロイラーだな、まるで」

●管理部長:「それは言い過ぎかと……鶏はパソコンを使いませんし」

○社長:「そんなことを言っているのじゃない。さっきから見ているが、誰も全く話をしない。目の前のえさをひたすら突っつくブロイラーと同じだ。あ、派遣の子がようやく隣の営業と話を始めたな――」

コメント5

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうして社内は“パソコンパチパチ”なのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト