• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

どうしてプロジェクトはいつも混乱するのか?

2015年12月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。現場に入ると、そこで何らかの社内プロジェクトが進められていることがあります。

 多数のプロジェクトを見聞きした経験を通じて痛感させられるのは、大企業であろうが中小企業であろうが、プロジェクトに関わっている人たちのほとんどがプロジェクトを進める基本を知らないということです。

 とにかく人を集め、お題目を与え、時折管理しているだけでは成果を出すことなどできません。今回のバトルを読んでみてください。

●営業部長:「まずは乾杯といくか。お前はいいよな、情報システム部の部長だから。だいたいノルマがないだろう」

○システム部長:「ノルマがなくてもきつい仕事だぞ。システムは動くのが当たり前、その当たり前ができないとメチャクチャ怒られる」

●営業部長:「そうは言っても、社長からとんでもなく高い目標を言い渡されたりしないだろ。それがないだけでも気分は楽じゃないか」

○システム部長:「人を呼び出しておいて突っかかるなよ。何をそんなに荒れているんだ」

●営業部長:「悪い悪い。思っていることを何でも言えるのは同期入社のお前くらいしかいないんだ」

○システム部長:「何か問題でも抱えているのか」

●営業部長:「営業のかたわら、新商品開発プロジェクトを任されている。営業部門と生産部門の連中が集まり、議論を続けているが、いっこうに進まない。社長からのプレッシャーもキツい」

○システム部長:「新商品開発って、去年も言っていたな。まだ成果が出ていないのか」

●営業部長:「新商品の開発で成果を出すなんて簡単にできるはずがない。お前には分からないんだよ。俺の苦労が」

○システム部長:「これまでにどれぐらいの商品を出した」

●営業部長:「ああ?」

○システム部長:「だから、開発した新商品の数だよ。市場に出してみたけれど、そのほとんどが期待通りに売れてないってことだろ」

コメント4件コメント/レビュー

>大企業から中小企業に至るまで、プロジェクトをマネジメントしようという意識を持つ管理者を見たことはほとんどありません。

これは『横山さんが直接見た範囲で』ということですよね。じゃなけりゃ、これだけ常に色々な新製品が世の中に出回る訳はないですから。コンサルトを依頼してくる=何らかの問題を抱えている、というところではこういう基本的なメソッドを知らないというケースが多いのでしょうね。(2015/12/15 15:18)

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうしてプロジェクトはいつも混乱するのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>大企業から中小企業に至るまで、プロジェクトをマネジメントしようという意識を持つ管理者を見たことはほとんどありません。

これは『横山さんが直接見た範囲で』ということですよね。じゃなけりゃ、これだけ常に色々な新製品が世の中に出回る訳はないですから。コンサルトを依頼してくる=何らかの問題を抱えている、というところではこういう基本的なメソッドを知らないというケースが多いのでしょうね。(2015/12/15 15:18)

こんな人でも営業部長になれるんだったら、私もなれますね。(2015/12/15 10:24)

この営業部長の例はあまりにもひど過ぎ。ここまでのスカタンは例にもならないくらいひどいな。(2015/12/15 10:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長