• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「計算できる営業」を野球から学ぶ

2017年12月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大リーグ仕込みのコンサルタント球田が登場し、営業全員にヒアリングをかけました。

 その後で鷲沢社長と球田コンサルタントが話をしました。二人の会話を読んでください。

○鷲沢社長:「営業課長が何人かやってきたよ。『あの新しいコンサルタントはいったい何なのですか。勝つか負けるか、そればっかりです』と言ってきおった」

●球田コンサルタント:「何人かの営業課長から噛みつかれました。そういう言い方はよしてくれ、と」

○鷲沢社長:「大リーグ仕込みのコンサルタントだから、どうしても勝負にこだわってしまうのだ、と答えておいた。とはいえ、もう少しなんとかならんかね」

●球田コンサルタント:「勝負にこだわる、と言われるとちょっと違う気がします。他に考えることがあるのに勝負ばかり考えている感じです。そうではなくて、勝負以外に何もありません。野球は勝つか、負けるか、それだけです。勝つために日々練習しているわけです」

○鷲沢社長:「そういうのを勝負にこだわると言うのじゃないか。まあ、野球はそうかもしれないが、経営や営業はそれほど単純じゃない」

●球田コンサルタント:「営業もそうです。勝つために日々、営業活動をしているのです」

○鷲沢社長:「君のその言い方、いちいちひっかかるな。若い営業が萎縮しないか」

チキンハートでシーズンを乗り切れるか

●球田コンサルタント:「大リーグの世界だったら萎縮したとたんに選手生命がなくなりますけどね。営業もチキンハートでシーズンを乗り切れるはずがないです」

○鷲沢社長:「チキンハートって君ねえ……シーズンて何だ」

●球田コンサルタント:「私は『期』のことを『シーズン』と呼びます」

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「計算できる営業」を野球から学ぶ」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問