売血・売春…行き場なくす中国の「下層の人間」

北京の貧困地域を歩く(上)

北京朝陽区の農民工居住地域にあった売血の張り紙。400mlで700〜1000元(1元=約17円)

 儲け損なった話をたくさん持っている中国大連出身の老人がいた。

 1990年代には香港の老人福祉施設に住むようになっていた彼の収入の大半は香港政府からの雀の涙程度の生活保護。週に1、2回は太極拳の個人レッスンをしていたようだが、これも小遣い程度にしかならない。だから彼はいつも素寒貧で、冷凍餃子とバナナばかり食べるような生活を送っていたのだが、10年に一度ぐらいの割合で日本円で数百万から1000万円単位のカネが転がり込んでくるというような運を持っていた。

 ただ、例えば借金をしても、小金が貯まると全額返済するにはまだ足らないからと、現金を握りしめてホバークラフトで海を渡ってマカオに行き、帰りの船代だけを残して全額賭け、当然のように一文無しになって香港に戻ってくるというような人だった。仕事もその調子だったようで、金が入ると儲け話に全額張り込み、やはりこれも当然のように失敗する。

 ところが、それを特に悔やむでもなく飄々とまたバナナと水餃子の生活に戻る彼の執着のなさから来るある種の清潔さに惹かれ、そして何より、波乱に満ちた人生を生き抜いてきた老人の人生に敬意を抱き、儲け損なった話を肴に飲もうと彼を食事や酒に誘う友人が大勢いて、私もその1人だった。

追われた「ネズミ」と「農民工」の行く先

 さて、儲け損なった話の中で彼のお気に入りは、日本のある新興宗教の教祖から事業資金としてもらった1000万円で、ネズミ退治機の日本を除く全世界における独占販売権を買い、それを香港植民地支配の象徴である英国系の財閥ジャーディン・マセソンに売りに行ったという話だった。何でもそれは画期的な発明で、ネズミの嫌がる超音波を発し、建物に住み着くネズミを根こそぎ追い出し、しかも外のネズミも寄りつかないのだという。

 不動産開発と物流業を営み、香港中に管理すべき住宅、店舗、倉庫を抱えていたジャーディンは、自分たち自身がネズミに悩まされることもなくなるし、香港中の建物に仕掛ければ大儲けできると、一時は彼から販売代理権を買い取ってもいいという話になった。

 ただ、最終的にこの商談は破談になる。

 「追い出すってことは、ネズミは死なないわけですよね? 最終的にネズミの大群はどこに行くんですか?」

 相手にこう尋ねられ、ネズミを追い払いさえすればそれでおしまいとしか考えていなかった彼は、とっさに香港島の地図を思い浮かべた上で、

「海ですね」

 と答えた。

 「そこで話は終わりよ。1000万円がパーね」と老人は話した。「だって、ジャーディンのせいで香港の海岸線がネズミだらけになったら、大変なことになるじゃない。追い出すだけではダメなんだ。行き先まで考えてやらないと」

今まで誰も描くことのなかった中国版ヒルビリー・エレジー
3億人の中国農民工 食いつめものブルース

この連載「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」が『3億人の中国農民工 食いつめものブルース』として単行本になりました。各界の著名人からレビューをいただきました。

●私はこの例外的に「間合いの近い」取材方法を成り立たせるために著者が費やした時間と労力を多とする。長い時間をかけて、息づかいが感じられるほど取材対象の間近に迫るというスタイルは現代ジャーナリズムが失いかけているものである。
(哲学者 内田樹氏によるレビュー「感情の出費を節約する中国貧困層のリアリズム」より)

●「ブルース」という単語に何とも(やや古びた)哀愁があり、そしてカバーの写真の農民工の写真には、記念写真では決して撮れない、私自身が感情移入して泣いてしまいそうなリアリティがある。
(中国問題の研究家 遠藤誉氏によるレビュー「執念の定点観測で切り取った、中国農民工の心?」より)

●だが、最近の日本のソーシャルメディアでは、「親の時代はラッキーだった」、「親の世代より、子の世代のほうが悪くなる」といった悲観的な意見が目立つ。中国においても、農民工の楽観性や忍耐がそろそろ尽きようとしているようだ。
(米国在住のエッセイスト 渡辺由佳里氏によるレビュー「繁栄に取り残される中国の『ヒルビリー』とは?」より)

●同書で描かれるのは、時代と国家に翻弄される個人たちだ。歴史的背景や、共産党政権の独自性うんぬんといった衒学的な解説はさておき、目の前で苦悶している、もっと距離の近い苦痛の言葉だ。
(調達・購買コンサルタント/講演家 坂口孝則氏によるレビュー「年収3万の農民に未婚の母、中国貧民の向かう先」より)

バックナンバー

著者プロフィール

山田 泰司

山田 泰司

ノンフィクションライター

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

94%

まあ参考になった
 

4%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

83%

読んだほうがよい
 

13%

どちらでもよい
 

2%

いただいたコメントコメント8件

まず一番気になったのは記事に出てくる「友人」という言葉
本当に友人なのだろうか?
非常に冷めた目で「友人達」を見ているこの記者の目線がどうしても「上から見下してみている」相手を「友人」と言っているようにしか思えない所
そして習近平国家主席がとうとう独裁政権を自ら発足させその法整備を行った点
今後中華人民共和国は共和制ではなく完全なる独裁制を敷いて言論弾圧や外国人排斥に走るのは明白である
チベット自治区の弾圧、南シナ海における軍部拡大、尖閣諸島への執拗なまでに行っている領海侵犯
全てが習近平の独裁我欲が生み出した物とは言えないまでも、今後中華人民共和国という国が世界の脅威になり、下民、平民、上民、と差別を露にしていく事だろうと予想するまでもない行動が目に見え世界の脅威に成りかねない恐怖を覚える(2018/02/26 15:50)

日本のスケールで中国を類推すると、とんでもないことになる。中国の国土は広大で、人口は日本の10倍以上。その中国の下層の人間たちが売血しているなら、この余剰分は海外にも出回っているのではないだろうか。まだ売血などで済んでいればいいが、幼児から成人まで突然、姿を消すこともあるようだ。その行き先は、まさかとは思うが・・・。映画、小説などのフィクションの世界が生やさしく思えてくる。(2018/02/26 13:48)

習近平政権がいくら「農民を敵に回すと怖いことを知っている」としても、体制としての共産国家は人民から収奪しなければ体制を維持できないのだから、結果的には人民を敵に回すことになる。

民主国家は「政府が借金をしてでも人民にはできるだけ借金をさせない」という仕組みが内在されている。その仕組みを回すのが“選挙”である。

選挙がない共産国家は「政府が借金をせず、すべて人民にツケを回す」仕組みになっている。
またそうでなければ、南シナ海を埋め立てて自国領土を増やすなどという冒険主義はできない。
そしてそうした冒険主義によってでも権威を示すことが存在の条件になっているのだから、あとは延々と繰り返すだけになる。

その結果、中国は数千年にわたって、易姓革命という名のスクラップ&ビルドを繰り返してきた。(2018/02/15 19:10)

コメント(8件)を読む/書く