• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「一帯一路」と「共謀罪」の奇妙なつながり

「キノコやタケノコ」が「舶来の万年筆」だった頃

2017年5月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

盛大に開催された「一帯一路」の国際会議にはロシアのプーチン大統領も参加した(写真=新華社/アフロ)

 犯罪を計画の段階で処罰する「共謀罪」を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する法案が2017年5月23日、衆院を通過した。一方、衆院法務委員会で共謀罪の審議が続いていた5月半ば、中国でもメディアの見出しに連日、「共謀」の文字が並んだ。

 ところがこれらはどれも、日本の共謀罪のことを伝える記事ではなかった。習近平国家主席の肝いりで中国が推進する21世紀版の海と陸のシルクロード「一帯一路」に関する国際会議が5月14、15日の両日北京で開かれたことは日本でも連日大きく報じられたが、これを報じる記事に「共謀」の2文字が躍ったのである。

 例えば中国政府のシンクタンク国務院発展研究センターが出している『中国経済時報』は5月15日付で、「創新機制共謀発展推動一帯一路建設侵入新階段」というタイトルの記事を掲載した。今回の国際会議に出席した関係各国に対し「一帯一路の建設を新たな段階に推進するためシステムを共に創り出そう」と呼びかけたものだ。また、中国人民銀行が発行する『金融時報』も同日付で、国際会議の融資をテーマにした部会に出席した肖捷財政相が、一帯一路の構築加速に向けた資金の融資を共同で進めていく必要があると語ったのを伝えた記事に「肖捷:共謀資金融通之策為一帯一路建設加油助力」という見出しをつけ、ここでも「共謀」という言葉を使った。

 『大辞林』(三省堂)によると、「共謀」は「二人以上の者が相談して、多く悪事などをたくらむこと」とある。これに対し中国で最もスタンダードな辞書『新華字典』(商務印書館)でも「共同で謀を計画すること(多くは悪事)」としていて、日本語と意味は同じように思える。共謀罪の衆院通過や、国連の特別報告者がプライバシーや表現の自由を制約する恐れがあるとして組織犯罪処罰法改正案に懸念を示す書簡を安倍晋三首相に送ったこと等を伝えた中国メディアの報道でも、カギカッコをつけて「共謀罪」をそのまま使うケースも少なくなかった。さらに、収賄等の罪で起訴された韓国前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告の初公判の様子を伝える中国国営新華社の記事(5月23日付)でも、「指責朴槿恵興崔順実為一己私利践踏法治精神、共謀利益」、すなわち朴槿恵前大統領と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告が私利のために法治を踏みにじり利益を謀ったという部分で、「共謀」を使っている。

 ただ、先に紹介した「一帯一路」の国際会議を伝えた新聞の見出しを見れば分かる通り、「共同で何かを進めること」の意味合いで共謀という言葉を使うケースが、どちらかと言えば中国では多い。

 「共謀=悪事」というストレートな図が頭に浮かばないということもあるのか、日本の「共謀罪」について、中国の市民の関心は意外なほど低い。

コメント16件コメント/レビュー

そりゃ独裁国家の方がテロ対策というか反政府活動に対する
対応は厳しい、共謀罪に相当する法律はとっくに中国にある
だけでなく、政府に睨まれた人物は飛行機どころか長距離
列車にすら搭乗できないようになってる。
日本を叩けば即座に自分に跳ね返るんだもの、そんな危ない
事をするはずがないでしょ
それと、あくまでもテロ等準備罪であって、共謀罪なんて
連呼してるのは一部マスコミだけですからね
中国のメディアの方がその点では、日本のマスコミよりも
まだ正確なんでしょうか(2017/06/17 08:19)

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「「一帯一路」と「共謀罪」の奇妙なつながり」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そりゃ独裁国家の方がテロ対策というか反政府活動に対する
対応は厳しい、共謀罪に相当する法律はとっくに中国にある
だけでなく、政府に睨まれた人物は飛行機どころか長距離
列車にすら搭乗できないようになってる。
日本を叩けば即座に自分に跳ね返るんだもの、そんな危ない
事をするはずがないでしょ
それと、あくまでもテロ等準備罪であって、共謀罪なんて
連呼してるのは一部マスコミだけですからね
中国のメディアの方がその点では、日本のマスコミよりも
まだ正確なんでしょうか(2017/06/17 08:19)

今回もとても共感しました。毎回楽しみにしているので、もう少し更新頻度を上げていただけると嬉しいです。(2017/06/13 13:52)

20数年前に共謀罪があれば悲惨な犠牲者を多くだしたオーム真理教によるテロは未然に防ぐことが出来た。彼らは堂々とサリンを生産して長野県では軍事訓練もしていた。オームの上九一色村は事件の前から週刊誌でもとりあげられていた。共謀罪の意味を取り間違えている弁護士グループのデモには
驚いた人も多かったと思う。(2017/05/27 16:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授