• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ポケモンと南シナ海が炙り出す強硬な中国の真相

炎天下の上海で幻のポケストップを探し回って悟ったこと

2016年7月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

筆者のiPhoneに上海でインストールしたポケモンGOの画面。最初の3匹も勢揃いしている

 日本で「ポケモンGO」の配信が始まった7月22日、私も上海で早速、自分のiPhoneにダウンロードしてみた。先行配信された欧米で大変なブームになっているというニュースを見ていたときには、ゲームを全くやらないこともあってさほど関心がなかった。

 それが先週、夏休みを利用して上海に訪ねてきてくれたゲーム好きの中国人大学生の説明を聞いているうちに、柄にもなく「上海の町角にポケモンやピカチュウが隠れているのを見つけたらかわいいし楽しいだろうな」と思ってしまったのだ。それに、ポケモンGOが配信されていない中国で試してみたらどうなるかを知りたくもあった。

中国では未配信だが……

 今書いたように、中国でポケモンGOは配信されていないし、今後されるかどうかも分からない。ポケモンGOアジアのフェイスブック公式サイトでは、「中国、韓国、北朝鮮、台湾、キューバ、イラン、ミャンマー、スーダンではポケモンGOはできません」とある。遊ぶにはグーグルマップやアカウントが必要だが、グーグルは数年前、中国から撤退してしまい、中国もグーグルのサービスへのアクセスを遮断しているので、検索やGmailなどを使うにはVPN(仮想ネットワーク)を通す必要がある。

中国で最も高い高層ビル・上海中心を背景に、中国伝統建築の黒い瓦屋根の家並みの上を跳ねるゼニガメ

 ただ、私のiPhoneは日本のソフトバンクで契約したものなので、ポケモンGOのアプリはApp Storeに並んでおり問題なくインストールできた。アプリを立ち上げ、VPNを介してグーグルアカウントでサインインすると、既にすっかりおなじみになったポケモンGOの画面が現れ、自分のキャラクターと、3匹のキャラクターが登場した。ゼニガメ、ヒトカゲ、フシギダネである。3匹の中から1匹を選ぶと、「現実世界を背景にしてみましょう!」の表示が現れたので「はい」を選んで自宅のベランダに出ると、見慣れた上海の家並みの屋根の上に、選んだヒトカゲがちょこんと乗っかっており、時折ジャンプしたりする。

 これだけですっかり嬉しくなってしまった私は、梅雨明け以降、最高で40℃の暑さが続く炎天下で黒いTシャツを吹き出した汗の塩で白く染めながら、高層ビル群や明代の庭園など、いかにも上海な風景の中にポケモンGOを連れだし画面のキャプチャを撮っては喜んでいた。この幸せがいつまでも続くのだと思い込んで。

コメント13件コメント/レビュー

「ポケモンGO」は任天堂の関連会社である(株)ポケモンとの米国ナイアンティック社により共同開発された。この状況を見る中国人の脳裏に、不安がよぎるかもしれないと思っている。
それは、軍事分野において日米共同開発が進めば、画期的兵器を開発される恐れがあり、その結果、中国は対抗できなくなるかもしれないという不安だ。

日本政府は、日米安全保障協力の新たな方向性を切り開くべく、2014年4月に始められた一連施策の中で、防衛装備品の開発、調達、輸出において抜本的改革を進めているが、今後、日米共同開発が具体化する可能性もあろう。

有望分野は、素人の思いつきだが、ロボット、人工知能(AI)、ロケット、宇宙、新素材等が考えられると思う。日本が得意な特定分野の技術と米国の圧倒的な軍事技術の組み合わせと日米のアイデア(知恵の出し合い)により、軍事分野において「ポケモンGO」のような画期的成果が生み出される可能性がありそうだ。

この成果は軍事バランスまで変える可能性があり、莫大な軍事予算をつぎ込み軍拡を続ける中国にとっては悪夢だが、南シナ海、東シナ海等における軍事衝突のリスクを大幅に低減させる可能性があるなら喜ばしいことだ。(2016/07/30 06:22)

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「ポケモンと南シナ海が炙り出す強硬な中国の真相」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「ポケモンGO」は任天堂の関連会社である(株)ポケモンとの米国ナイアンティック社により共同開発された。この状況を見る中国人の脳裏に、不安がよぎるかもしれないと思っている。
それは、軍事分野において日米共同開発が進めば、画期的兵器を開発される恐れがあり、その結果、中国は対抗できなくなるかもしれないという不安だ。

日本政府は、日米安全保障協力の新たな方向性を切り開くべく、2014年4月に始められた一連施策の中で、防衛装備品の開発、調達、輸出において抜本的改革を進めているが、今後、日米共同開発が具体化する可能性もあろう。

有望分野は、素人の思いつきだが、ロボット、人工知能(AI)、ロケット、宇宙、新素材等が考えられると思う。日本が得意な特定分野の技術と米国の圧倒的な軍事技術の組み合わせと日米のアイデア(知恵の出し合い)により、軍事分野において「ポケモンGO」のような画期的成果が生み出される可能性がありそうだ。

この成果は軍事バランスまで変える可能性があり、莫大な軍事予算をつぎ込み軍拡を続ける中国にとっては悪夢だが、南シナ海、東シナ海等における軍事衝突のリスクを大幅に低減させる可能性があるなら喜ばしいことだ。(2016/07/30 06:22)

会社に不満を持つサラリーマンに似ている。
具体的に転職を考えている者ほど不満を口にしない。またその層は他に行っても通用する有能な人材が多い。
中国も有能な人材から流出が進んでいるようですね。(2016/07/29 11:21)

確かに、筆者の言われることもさもありなんと言う気はします。ただ、こちらが”頭に血を登らせるな”という意味では同意できますが、中国共産党の行動は断じて大目に見る訳にはいきません。中国共産党の現在の発言と行動は、”世界平和の敵””人類の敵””ISと同類””ならず者国家”とハッキリと非難すべきでしょう。政府がこのような発言をすれば、突っかかってくるヤクザですから、穏当な表現にするとしても、日ごろ人権、世界平和を声高に叫ぶ政党、自称ジャーナリズムにとっては”似非政党””似非ジャーナリズム”か否か強烈な踏み絵になっていると見る人は少なくないと思います。(2016/07/28 23:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表