• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

長すぎる晩年に倦む中国の40代

「スタバで足踏み」が生む中国の閉塞感

2016年8月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

茶館でお茶を楽しむ人々

 先日、中国最南端の海南島で、流刑者の末裔(まつえい)だという人に出会った。当人は20代の女性で生まれも育ちもこの島だが、父方は福建省の役人の家系。それが、「ひいおじいさんのさらにその前の誰かが何かをしでかして」海南島への島流しに遭ったのだという。

流刑者の末裔がいることの意味するもの

 南シナ海問題で揺れる南沙諸島、西沙諸島は中国の行政区では海南省に属する。西沙諸島は海南島から約300キロメートル、南沙諸島は約1000キロメートル、それぞれ南に下ったところにある。省の名前の由来にもなっている海南島は、一般的に中国の最南端と呼ばれるのだが、海南省の中では最北端に位置するというわけだ。さらに近年では、「中国のハワイ」と呼ばれる中国でも有数のビーチリゾートとして有名で、全国から観光客が詰めかける。ただ、歴史の大半は、周囲から隔絶された最果ての島として存在し、古来、流刑地の代名詞でもあった。

 海南島に島流しされた彼女のご先祖様はその後、マンゴーなどを栽培して生計を立てていた現地の農家の娘と結婚して海南島に居着き、それが彼女にまで至った。1年を通じて温暖で放っておいても果物が豊富に採れるなど食べるものにさほど困らず、贅沢をしなければかつかつ生きていけるということもあっただろうが、交通手段が発達していない時代が長く続いた中、四周を海に囲まれた最果ての地を抜け出すのは容易でなく、海南島に根を張るしか選択肢がなかったということもあるのだろう。

 こうした歴史的、地理的背景があるせいか、海南島には今でも、中国の他の土地ではとっくに無くなったり廃れてしまったりしたものや、海南島独自の文化や習慣が結構残っている。実際に訪れてみて、特に他の土地との違いを感じたのは、茶館でお茶を楽しむ習慣が庶民の生活の一部として組み込まれていること、ひいてはこの土地を流れる時間のスピードが極めて緩やかだということだ。

 茶館でお茶を楽しむ習慣は海南島以外の土地にも残ってはいる。ただ、宮殿や貴族の屋敷など中国古来の伝統建築を模した華美な建物がほとんどであり、茶器や家具にもこだわっている。お茶の値段も1人あたり100元、200元(1500~3000円)というのがザラ。少し財布のひもを緩めて、非日常を味わいに行くところという位置付けだ。

コメント7件コメント/レビュー

中国だけではなく、世界中に言える事ですね。良くも悪くも、資本主義の世の中では、
お金を稼ぐことがゴールの一つになるので、この傾向は無くならないと思います。
資本主義の世界に踊らされるわけではなく、幸せとは何かという事を考えることが必要である事を思い出しました。(2016/08/20 12:53)

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「長すぎる晩年に倦む中国の40代」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国だけではなく、世界中に言える事ですね。良くも悪くも、資本主義の世の中では、
お金を稼ぐことがゴールの一つになるので、この傾向は無くならないと思います。
資本主義の世界に踊らされるわけではなく、幸せとは何かという事を考えることが必要である事を思い出しました。(2016/08/20 12:53)

小さい頃からマックに慣れてきた子供世代の価値観の醸成も気になります。30円の紅茶を知っていることは、達成感ややりがいを感じるためにはとても大事なことですね。(2016/08/19 06:19)

とても興味深く読みました。「行きつけの店」は私も学生時代からそういう店があったらいいな、と思いつつ、50代の今も、確保できないまま。

さて、最近、思うのは、どの国でも、経済成長期に入りつつ、なおかつ家族主義や地縁主義のぬくもりがまだわずかに残っている段階が、最も幸せな時期なのではないか、ということ。そこを過ぎ、個人主義や成果主義が徹底されると、経済は伸びても個々人は結構不幸になるのではないか、と。

それに加えて中国ではあまりに経済成長が早過ぎたのでしょう。経済的に成功し、リゾートで休暇を楽しんでいるように見える中国人が、殺伐とした心象風景の中にいる。それは、孤独なアメリカの成功者とどこか似ているのがおもしろいですね。
とすると、政治体制に関係なく、経済成長期を過ぎると、そしてまた早過ぎる成功は、豊かさと引き替えに、生きがいを失った、長く退屈な人生を意味するのでしょうか。退屈の先には退廃があります。麻薬やカジノに耽溺したり、宗教に走る人が増えるかもしれません。中国共産党にとっては頭の痛いことでしょう。(2016/08/18 18:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長