• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

炒飯は豚のエサ? 中国の印象を作るからくり

「もったいない精神」や持ち帰りの習慣が真の姿

2015年10月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

江蘇省揚州市で開催された、世界最大重量のチャーハンを作ってギネスの記録を目指したイベントの様子。記録は取り消された(写真:ロイター/アフロ)

 10月27日、「中国で炒飯(チャーハン)を豚のエサにして批判」という刺激的な見出しが日本のネットや新聞の紙面に踊った。日本のニュースや、そのネタ元となった中国メディアの報道をまとめると、出来事のあらましはこうだ。

 中国でチャーハンの代名詞的存在とも言える「揚州チャーハン」発祥の地である中国江蘇省揚州市で10月22日、世界最大重量のチャーハンを作ってギネスに挑戦するイベントを開催、集まったコックや調理学校の生徒、外国人観光客など約300人が見事新記録となる4トンあまりのチャーハンを作り上げた。ところがその後、このチャーハンを盛った巨大な中華皿からスコップでゴミを回収するトラックの荷台に放り込んでいる様子を撮影した写真や動画がネットに出回ったことで、「何たる浪費」との批判が集中。批判を受けイベントを主催した揚州市観光局や中国調理師協会らが、「作ったチャーハンは企業や学校の食堂で振る舞う予定で既に回収したが、時間が経過するなどして人間の食用に適さなくなったと判断した150キロ相当を豚のエサとして養豚場に運んだ。少しも無駄にはしていない」としたことで、「人間の食べ物を豚のエサにしたのか」とさらに批判がエスカレート。そうこうしているうちに、記録の条件を「人間が食べることができること。さらに、食べ物を浪費してはならない」と規定していたギネスが26日、記録の承認を取り消した、というもの。

 この出来事を取り上げたCNNのネット版(10月27日付)が「人民日報に掲載された論説では、政府がぜいたく出費の取り締まりに乗り出していることを理由に、こうした浪費イベントは終わらせる必要があると強調」と報じていたので、中国メディアの論調を調べてみた。

 すると、「『1000人が同時にマージャンを打った』『1万人が同時に足湯をした』『2000人が同時に琴を演奏した』等々、人海戦術で容易に達成できるようなギネスに挑戦するのは見直す時期に来ているのではないか」(南方日報27日付)、「地方政府は宣伝目的でギネスを利用するのは止めるべき」(天津日報27日付)、「揚州チャーハン事件は、一足飛びに世界一になろうとする功を急ぐ心理、総体的に浮かれた社会の状態、世界一なら何でもいいという地方政府の成果に対する誤った認識が浮き彫りになったもの」(中新社26日付)と、まさに批判一辺倒の論調がゾロゾロ出て来た。

 中には、「揚州チャーハン事件はまさに恥だ。揚州のような古都がギネスのような商業的な宣伝に乗せられる必要はない。自信を持って静かに構えていればいいのだ」(環球網26日付)と、ギネスをくさすお門違いの論評も見受けられた。

中国自身が作り出している海外の論調

 環球網の論評はともあれ、中国メディアによる今回の出来事に対する指摘は正論だとは思う。ただ一方で、これらメディアの報道からネットの書き込みに至るまで、高みから見下ろして批判する論調が大半を占める中国の状況については極めて不快に思う。

コメント26

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「炒飯は豚のエサ? 中国の印象を作るからくり」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

著述業/EMSOne編集長

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)