• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

訪日客の急増で、「タクシー運転手」が憧れの職業になる?

大卒、海外留学、女性…インバウンドの先進人材育成に動く

2015年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

タクシー業界、20年間で営業収入は3分の2に

 本題に入る前に、もう少しタクシー業界の現状と課題を整理しておきましょう。表で交通機関別の輸送人員数をみると、タクシーは16億4000万人、市場占有率は5.6%に過ぎません。タクシーの営業収入はピーク時の1990年代には2.5兆円でしたが、2012年度には32%減の1兆7432億円へ落ち込みました。

交通機関別の輸送人員(2012年度) 
出典:(社)全国ハイヤー・タクシー連合会「TAXI TODAY2015」
タクシー車両数 -2014年3月現在国交省調べ- 
出典:(社)全国ハイヤー・タクシー連合会「TAXI TODAY2015」

 一方、車両の分布をみると、表3で全国のタクシー総車両数24万2862台のうち、19%(4万7103台)が東京都、8%(2万41台)が大阪府にあります。1日1車当たりの平均収入「日車営業収入」を地域別にみると、1位の東京都の4万6027円に対し、2位の愛知県は2万9728円、3位の大阪府は2万8273円と、三大都市でもこの格差です。都市では駅前ロータリーや繁華街の道路等が常に乗車待ちの車であふれているのに対し、地方では過疎のまちや無人駅などにタクシーがいないことも珍しくありません。都市は供給過剰で過当競争、地方の小さな町村では需要そのものが少なく、事業者は消えつつあります。

 こうした現状に対し、国は再び規制強化に動き、2014年1月に通称「改正タクシー適正化・活性化法(以下「タクシー適正化法」とします)」が施行されました。2015年1月、国交省は「新しいタクシーのあり方検討会」を設置。タクシー事業の活性化、人材確保や育成、経済動向を踏まえた事業経営など、タクシー事業の課題を検討し、今後のあり方を示すとしています。検討会はタクシー業界の課題として女性や40歳以下の人材の不足、その原因としてリクルートや労働環境の整備の遅れを挙げています。しかし、問題の本質はそこでしょうか。

 国交省の「タクシーに関するアンケート調査」で、年にどのくらいタクシーを利用するかという問いに「月に数回以上利用する」と回答した人は14.3%、「年に数回」は55%、「利用しない」は30.6%。どんな時にタクシーを利用するかという問いで最も多かったのは「夜間など他の交通機関がない時」で40.7%、「悪天候」8.1%、「仕事」14%、「レジャー」13%となりました。

 アンケートのデータからタクシー事業のビジネスモデルをみれば、利用者の半数はほかの手段がない時や悪天候など、一定条件下でだけ利用する客です。タクシー事業の費用構成で、人件費は実にその7割以上を占めています。その最大の資源は来るはずもない客を待っているのです。なんという不確実かつ不効率なビジネスモデルでしょうか。これで赤字にならない方が不思議です。何より最悪なのは、このビジネスモデルが全産業の約半分というタクシー運転手の低い収入の上に成り立っていることです。

 タクシー適正化法の施行により「特定地域」及び「準特定地域」に指定された地域では関係者が組織する協議会が設置され、供給過剰の是正に取り組むことになっていますが、タクシー業界の課題は数を減らすことでは決して解決しない、この収益構造の問題にこそあります。

コメント0

「日本人が知らない新・ニッポンツーリズム」のバックナンバー

一覧

「訪日客の急増で、「タクシー運転手」が憧れの職業になる?」の著者

水津 陽子

水津 陽子(すいづ・ようこ)

合同会社フォーティR&C代表

経営コンサルタント。合同会社フォーティR&C代表。地域資源を活かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック