衰退する「やきもの」 一子相伝の里に見た活路

大分県日田市「小鹿田(おんた)焼の里」。江戸中期より、10軒の窯元が家族で営むやきものの里。1995年に国の重要無形文化財に指定、文化庁の重要文化的景観にも選定されている(画像提供:公益社団法人ツーリズムおおいた)

記事に戻る