衰退する「やきもの」 一子相伝の里に見た活路

(左)江戸時代の有田焼「波桜文鉢」(画像提供:森由美さん)、(右)現代の有田焼。後ろの皿が芙蓉手、手前が柿右衛門と鍋島。(画像提供:佐賀県観光連盟)

記事に戻る