• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

日本人が知らない新・ニッポンツーリズム コンパクトシティ幻想から10年、大分市が大変身

とても参考になった
 

41%

まあ参考になった
 

35%

参考にならなかった
 

23%

ぜひ読むべき
 

37%

読んだほうがよい
 

18%

どちらでもよい
 

43%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

時系列に沿った丁寧な背景説明と豊富な定量データが載っている良い記事ですね。
以下雑感です。
・コンパクトシティには脱車社会による低炭素化社会の実現という目論見も有ったと認識しているが、富山の失敗を見ると車社会からの脱却は困難、魅力的な文化圏と商業圏を形成する熊本の取組の方が効果的と感じる。
・今後高齢化が加速するため、医療の効率化と高齢者の自動車運転必要性低減を目的として、医療機関の中心地への集約と地域循環医療者用バスの運行がコンパクトシティの一環として必要ではないか。
・今後人口減少が加速するため、永住権を持つ外国人が定住し易い街作りが必要ではないか(政府も永住権取得の緩和=実質的な移民拡大を進めるみたいだし)。(2017/05/08)

期待していた富山市がうまくいっていないというのは残念ですね。おそらく中心市街地への移住が進んでいないことが問題のポイントだろうと思います。大分の場合はJR九州の計画の大きさと駅中商業の成功事例を取り入れた内容になっているのが成功のポイントではないかと推測しています。コンパクトシティー構想は人口減少の進展を考慮すれば基本的には正しいものと考えています。ただスパンの永さが30~50年が必要であり、中心地域への居住人口集中がMUSTの条件と思います。ドイツの中規模都市の住みやすさを考えて、どのように実現したら良いかを50年計画を覚悟して実行して欲しいものと思います。この場合既存の商店街の復興は無視して良いと思います。(2017/05/01)

都市の活性化と言うが、総人口が必ず減少に向かう事が確実な今、ある都市だけが経済的に活性化すると言う事が国全体にとって良い事なのかどうかという議論を経た上での政策なのか。経済のサムゼロゲームの性格が強い以上、何処かが栄えればどこかが沈むだけではないか。更には幸福(感)と経済的な数字の変動をイコールである前提で一切の疑問もはさまず論じられているように見えるが、経済指標(や消費者行動指標)だけを目標評価軸としていいものだろうか。国としてどうなっていきたいのかが論じられていないまま経済だけを論じる政策に自分自身の将来像のありたき姿を重ねられない事が、国民が方向性を共有できない根本的な理由ではないだろうか。コンパクトシティーを構想するのであれば、その効果を受けて、同時に都市近郊の田園生活も同時に豊かになるビジョンが示されてしかるべきだし、高齢化への対処と同時に若者ののびやかな生活圏の拡大も論じられて欲しいなど、都市活性化だけに窮する論点に疑問を感じた。(2016/08/24)

記事を一読して「新規開業した施設による一時的浮揚では?」「これで効果ありとすると、悪い意味で箱物中心主義が復活してしまうのでは?」と疑問を持ったが、当の行政側も「大分市は新施設開業による来街者の増加を一時的なものとせず、今後これをどう維持するか、取り組みが求められるという認識を示しています」ということなので安心した。
3年後にどうなっているのか、できれば再度の分析記事を期待したい。(2016/08/20)

地元紙に書かれている内容と一致していますがやや楽観的な分析と感じます。地元民の感想として商店街は素通りで駅ビルひとり勝ち。しかも大分は車社会で郊外のショッピングモールは依然活況。駅ビルへの買い物も車で行くのが通例なのでブームが去ればまた寂れた中心街になりそう。LRTの富山市もコンパクトシティー化もうまくいってないとは残念です。(2016/08/20)

一時期注目を集めたコンパクトシティは最近悪評が目立ちますが、やり方によっては何とかできるかもという事例ですね。これからも関係者の知恵出しが継続されることを期待しています。(2016/08/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長