• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

資生堂の「働き方改革」が広げた波紋の裏側

2015年12月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 育児のため短時間勤務をする美容部員に、夕方以降そして土日のシフトに入ってもらう資生堂の「働き方改革」が関心を集めている。「女性が働きやすい会社」として知られる資生堂が、後退してしまったのか? それとも前進なのか? 「資生堂ショック」と報じられた改革が注目されたのは、多くの企業で「我が社」の課題であり、多くの子育て社員にとって「我が事」であったからだ。資生堂の働き方改革、その意味を問い直したい。

 「“資生堂ショック”の真相とは何か。女性が働きやすい会社というイメージだったが、資生堂は後退してしまったのか」

 11月、九州のある地方都市で女性活躍について講演したときのこと。来場者の一人が「今一番知りたいこと」として、こうコメントした。

 「資生堂ショック」とは、資生堂が2014年春に実施した「働き方改革」のこと。これまでも新聞各紙や日経ビジネスオンラインなどで報じられてきたが、この11月にNHKが「おはよう日本」のなかで「“資生堂ショック”改革のねらいとは」と題して特集を組んだことで、賛否両論巻き起こった。

 初めて耳にする方のために、少しおさらいをしておきたい。資生堂の「働き方改革」とは、育児のために時短勤務をする美容部員約1200人に対して、夕方以降の遅番や土日のシフトに可能な範囲で入るよう、働き方の見直しを促したもの。同社は遡ること2007年、美容部員が育児をしながらも仕事を続けられるように、夕方以降の人手不足を補うカンガルースタッフ制度を導入するなど、両立支援策を充実させてきた。その結果、時短勤務の美容部はこの10年で約3倍となり、全美容部員の1割を占めるようになった。時短勤務者は夕方以降、また土日のシフトには入らないということが、いつしか「暗黙の了解」となっていた。

 そこで起きたのが、職場の不協和音だ。支える側の社員からすると「いつも私たちばかり遅番や土日勤務をして」と不満が募っていた。さらに時短勤務をする社員にも、夕方以降の発注業務や多忙な時間の顧客対応をしないことでスキルの蓄積に遅れが見られるようになった。こうした問題を受けて、約半年をかけて職場の上司である営業部長らが時短勤務をする社員一人ひとりと面談をし、遅番や週末のシフトに入ることはできないか、壁となるものは何かを話し合った。面談をする前にあらかじめ質疑回答案を用意し、全マネジャーが「夫が子育てに参加できない」「週末子どもを預けるところがない」といった社員の悩みに対して同じ答えができるように、6つの回答例を暗記してもらうなど徹底した導入研修を行ったという。

 NHKの特集は、こうした働き方改革をややセンセーショナルなタイトルで報じた。これに対するネガティブな反応はこうだ。

 「女性が働きやすい会社だと思っていたのに、後退したの?」
 「業績悪化を受けて、短時間勤務の社員にもっと働けというのか。けしからん」

 果たして、資生堂の改革は後退なのか、前進なのか。女性活躍推進のゆり戻しがきているのか。

コメント6件コメント/レビュー

先ほどコメントさせていただきましたが、また別の視点で書かせていただきたいと思います。現在保育園の余裕が少なく、幼稚園が保育機能を充実させるよう制度移行が実施されています。その移行期にあるからか、特に前身が幼稚園であった施設においては、「子供は親と一緒に過ごすのが一番良い」という価値観が根強く、保育園のように1日中施設に預けられているのはかわいそう、子供の発達にとって好ましくないと、園長から職員全員が思っていらっしゃることが多いようです。振り返れば、夏休み、冬休み、共働き世帯では、のんびり家族全員と過ごすのは年にたったの2週間程度です。これで、土日勤務があるから、遅番だから、と家族全員がそろう時間が益々少なくなるのは、資生堂の社員さんにとっても、お子さんにとっても益々かわいそうだなと思いました。日本人の働き方自体をもっと大胆に見直すべき(バカンスや有給消化)と思います。そして、特に幼い子供は親がやれと言ってすぐにやるものではありません。言うことは聞きません。時間を上手くやりくりすれば解決・・・なんて大人目線の目論見通りに子供は動かない=大人も動けないのです。あまりに共働き世帯を縛らない余裕もほしいと思います。正社員やめれば?という議論は無しにした場合ですが。(2016/01/07 00:37)

「ここが間違い、女性の攻め方」のバックナンバー

一覧

「資生堂の「働き方改革」が広げた波紋の裏側」の著者

野村浩子

野村浩子(のむら・ひろこ)

ジャーナリスト・淑徳大学教授

日経ホーム出版社(現日経BP社)で「日経WOMAN」編集長、女性リーダー向け雑誌「日経EW」編集長などを歴任。日本経済新聞社・編集委員などを経て、2014年4月から、淑徳大学人文学部表現学科長・教授。財政制度等審議会委員など政府審議会委員も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先ほどコメントさせていただきましたが、また別の視点で書かせていただきたいと思います。現在保育園の余裕が少なく、幼稚園が保育機能を充実させるよう制度移行が実施されています。その移行期にあるからか、特に前身が幼稚園であった施設においては、「子供は親と一緒に過ごすのが一番良い」という価値観が根強く、保育園のように1日中施設に預けられているのはかわいそう、子供の発達にとって好ましくないと、園長から職員全員が思っていらっしゃることが多いようです。振り返れば、夏休み、冬休み、共働き世帯では、のんびり家族全員と過ごすのは年にたったの2週間程度です。これで、土日勤務があるから、遅番だから、と家族全員がそろう時間が益々少なくなるのは、資生堂の社員さんにとっても、お子さんにとっても益々かわいそうだなと思いました。日本人の働き方自体をもっと大胆に見直すべき(バカンスや有給消化)と思います。そして、特に幼い子供は親がやれと言ってすぐにやるものではありません。言うことは聞きません。時間を上手くやりくりすれば解決・・・なんて大人目線の目論見通りに子供は動かない=大人も動けないのです。あまりに共働き世帯を縛らない余裕もほしいと思います。正社員やめれば?という議論は無しにした場合ですが。(2016/01/07 00:37)

今まで子育て女性に、「時短勤務当たり前、残業一切無し、土日勤務無し」、が慣例的にでも完全に実施されていたとしたら、かなり素晴らしい会社です。もしかしたら、「女性に優しい会社」の様な世間的なイメージのため、それを崩してはいけないという自縛状態にあったのかも知れません。しかし、それを少し改善して、「月に数日のみ遅番」、「土日に月2回のみ出勤」、で許されるならば、普通の会社で時短勤務等を行っている女性とほとんど変わりないと思います。なので、資生堂にとっては大きな変化ですが、世間の多くの会社にとってはそうでもないのでは?と思いました。普通の会社の女性はすでに資生堂が改革した後の様な働き方を余儀なくされている場合が多々あると思います。現在の全子育て中の勤務女性が悪く言えば「サボっている」と見られるのは困ると思いした。ちゃんと、できる範囲(以上)で会社に貢献しているつもりの方はたくさんいらっしゃるはずです、制度にぶら下がり過ぎず。(2016/01/07 00:19)

解決策の一つとして
1)託児所の確保(もしくは運営)を義務ずけすればよいいのでは?
2)あわせて託児所(学童)の行政上の(厚労省と文科省)開設基準を緩和して保育士(初頭教育教諭)資格を「中学生までの子育てを終えた主婦」と引き下げればよい。

一先ず初めて、ダメな部分は改定しながら進めないものか?(2015/12/21 14:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長