• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

本当に楽しい生き方って、何?

スマイルズ・遠山正道が問いかける社会起業家の原則

2016年3月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:間野萌、以下同)

 今回、ロフトワークの林千晶さんにご紹介頂くスマイルズの遠山正道さんには、僕が以前担当していたラジオ番組にゲストとして来て頂いたことがあります。その時にまず驚いたのが、彼の服装でした。経営者というよりアーティストといった出で立ちの遠山さんは、華やかな人たちが多いラジオ局でも全く違和感を感じさせなかったことを思い出します。

 大げさなようですが服装ひとつにそんなに驚いた理由の一つは、遠山さんのご経歴にあります。彼は大手商社でキャリアをスタートし、社内ベンチャーとして立ち上げた会社は大成功。そんなビジネス界の「王道」とも言えるキャリアを歩んで来た方のイメージは、もう少し堅苦しいものだろうと思っていたのです。

 けれど遠山さんはベンチャーの成功をもって、将来を約束されていたであろう商社を後にして独立します。そして今では、本文にも出てくる「PASS THE BATON」というビジネスをはじめ、例えて言うなら「世の中の体温を上げる」ような活動を展開しています。その姿を見ると、きっと「仕事やビジネスはかくあるべし」といったような固定概念ではなく、仕事に対してとても自由な心持ちの人なのだろうと思えます。

 そのキャリアを通じて常に消費者と対峙して来た遠山さんですが、今彼が実現しようとしている、モノを通じ、そのぬくもりや物語を共有することで人がつながって行くという社会のあり方は、彼が身を置いて来た消費社会とは対極にあります。この、消費社会を見て来た遠山さんならではの発想の転換が、僕にはとても興味深く思えます。そして、ビジネスの世界で成功して来た彼ならでは、仕組みの作り方がとても上手い。

 事業経営者としても数々の成功を収め、自由な発想で社会事業を考える。社会事業分野で、遠山さんのような経歴の方はほとんどいないのではないかと思います。そして彼はブレークスルーをおこし、日本の社会事業を新たな高みに引き上げてくれるのではないか。僕はそんな気がします。 

(小暮真久=TABLE FOR TWO International代表)

コメント0

「社会起業家のバトン」のバックナンバー

一覧

「本当に楽しい生き方って、何?」の著者

小暮真久

小暮真久(こぐれ・まさひさ)

TABLE FOR TWO代表理事

先進国の肥満と開発途上国の飢餓という2つの問題の同時解決を目指す日本発の社会貢献プロジェクト「TABLE FOR TWO」プロジェクトを主導する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師